世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

パリのシンボル「エッフェル塔」

   


1フランス革命100周年を記念して
第3回パリ万国博が開催されたときに
合わせて建設されたエッフェル塔。

現在では、パリのシンボルとして
有名ですが、当初は鉄の塊はパリの
景観を損ねるということで、

予想以上の反発があったため
工事は中断してしまいます。

その後、20年の存続期限を定めることで
なんとか工事が再開されました。

わずか25ヶ月の突貫工事で、
ギリギリ万博開幕にセーフ。

1889年5月6日にオープンし、
その後、一般公開の5月16日から
半年間の万博会期中に

195万8257人がエッフェル塔に
上りました。

この期間中

入場料
レストラン
売店

などの収入が600万フランにも及び、
建設費780万フランも77%を回収し
大成功をおさめました。

その後、期限である20年目の
1909年を迎え、パリ市議会により、
いったんは取り壊しの決議がされました。

しかし!!

当時発明された無線通信に
エッフェル塔に利用価値があるとされ、

1916年にアメリカとの交信に成功すると、
存続が決まりました。

無線技術が発明されなければ
エッフェル塔はなかったかと思うと
無線技術様様ですよね。

現在も残るエッフェル塔は、
今ではパリに欠かせない
存在となっており

夜になると色鮮やかなイルミネーションで
見る者を魅了します。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - フランス

スポンサード リンク

  関連記事

パリのサッポロラーメン

パリのオペラ座界隈には 日本人街的なスポットがあり 漢字やカタカナなど日本語を …

ルノワールが描いたムーラン・ド・ラ・ギャレット オルセー美術館蔵

印象派の巨匠ルノワールの 代表的な作品である ムーラン・ド・ラ・ギャレット。 ダ …

ストラスブールのクレベール広場

ストラスブール旧市街の 町の中心の広場である クレベール広場。 クレベールは、エ …

パリのパンテオン

パリの守護聖女である ジュヌヴィエーヴを祀った 丘の上の古い教会を 18世紀にな …

パリのレジョン・ドヌール ミュージアム

オルセー美術館の横にある レジョン・ドヌール ミュージアム。 ガイドブックには建 …

ストラスブールのカメルツェルの家

ストラスブールで 最も美しい家と言われる カメルツェルの家。 他の建物にはない …

ルノー 4CV
ストラスブールのライン宮殿
パリのノートルダム大聖堂

フランスのゴシック建築の 傑作として名高いのが 主都パリにある ノートルダム大聖 …

ストラスブールのアンティーク店

ストラスブールで見つけた アンティーク店。 これらの店は観光地の中にあったため …