世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

アントワープのルーベンスの家

   


画家として成功したほか、
7ヵ国語を話すことができて

外交官としても活躍した
ルーベンスが、

1610年から5年の歳月をかけ
築いたアトリエ兼住宅。

ヨーロッパの貴族や
芸術家が訪れたそうです。

ルーベンス自らが
改築や増築に関わった
この建物は、

1939年から1946年にかけて
修復が行われて、

現在は、市立美術館として
一般公開されています。

庭園に関しては
当時のものでは
ありませんが、

庭の正面中ほどにある柱廊は、
17世紀そのままの姿を
保っています。

この門は、ローマの凱旋門の
影響を受けていると言われていて

ルーブル美術館に所蔵されている
「マリー・ド・メディシスの生涯」の
背景にも使われています。



▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ブリュッセルのギャルリー・サン・チュベール

雨が降っても濡れずに 買い物を楽しむ事ができる ショッピングアーケードの ギャル …

ブリュッセルの王立軍事歴史博物館

王立軍事歴史博物館の前にある凱旋門。 旗を吊るすためのワイヤーも張ってありました …

ハインケル・カビーネのT153 S

ドイツのハインケル航空機 製造会社が設計した バブルカーと呼ばれる ジャンルの自 …

フランス・ポルビュスが描いたエリザベスの肖像画

この油彩画に描かれている少女は、 フランス王のアンリIV世と マリー・ド・メディ …

フェラーリ Ferrari 500 TRC
パナールのタイプ26
ブルージュの理髪用品店

ブルージュのノールトザント通りを 歩いていたら発見した建物。 いかにも歴史のあり …

ブルージュのパン屋さん Carpe Diem

階段状になっている 屋根が印象的な ギルドハウスの建物に 入っているパン屋の C …

フェラーリ Ferrari 348TS
プジョー VLVの電気自動車