世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

アントワープのルーベンスの家

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

画家として成功したほか、
7ヵ国語を話すことができて

外交官としても活躍した
ルーベンスが、

1610年から5年の歳月をかけ
築いたアトリエ兼住宅。

ヨーロッパの貴族や
芸術家が訪れたそうです。

ルーベンス自らが
改築や増築に関わった
この建物は、

1939年から1946年にかけて
修復が行われて、

現在は、市立美術館として
一般公開されています。

庭園に関しては
当時のものでは
ありませんが、

庭の正面中ほどにある柱廊は、
17世紀そのままの姿を
保っています。

この門は、ローマの凱旋門の
影響を受けていると言われていて

ルーブル美術館に所蔵されている
「マリー・ド・メディシスの生涯」の
背景にも使われています。



▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アントワープの市庁舎
ベルギーのゲントにある聖ミヒエル教会
ブリュッセルのメゾンダンドワ
バーミンガム・スモール・アームズ(BSA)のサイドカー付きオートバイ
メッサーシュミット Messerschmitt KR200
ブリュッセルのノートルダム・デュ・サブロン教会

全体的にバランスの取れた 美しい外観の ノートルダム・デュ・サブロン教会。 13 …

ラクロワ ド ラ ヴィルの3輪車 La Nef
ベルギーのゲントのコーレンレイ

レイエ川の西側にある コーレンレイと呼ばれるエリア。 古い建物が数多く 建ち並ん …

デトロイト・エレクトリックの1916年製 電気自動車

現在、電気自動車の普及に向けて いろいろな取り組みがされていますが 実は、電気自 …

ホテル ノボテル ブリュッセル グランプラス

屋根の階段状の造りが 昔のギルドハウスを 思わせますが こちらは、ブリュッセルの …