世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ブルージュの市庁舎

   


1376年から1420年にかけて
建設された、ベルギーで
最も古い市庁舎。

建物正面の像やレリーフは
聖書の物語や歴史上の出来事を
表しているそうですが、

細かい内容が分からなくても
石の彫刻のような市庁舎は
非常に見ごたえあります。

ガイドブックによると
ブルージュの町の歴史を描いた

壁画で囲まれたゴシック様式の
ホールが市庁舎内にあるそうですが

この日は7月21日で
ベルギーの建国記念日。

式典が開催されており
市庁舎の中に入る事が
できませんでした。

一年の内に何度も入る
チャンスのある市庁舎内よりも

年に一度の建国記念日の
式典を見る方が
レア度は高いですが

多くのスポットが
立入禁止状態となるため

普通に観光をしたいのならば
ベルギーを旅する場合は

建国記念日の7月21日は
避けた方が無難です。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

グランプラスの王の家

世界一美しい広場と称される ブリュッセルのグランプラスに 面する形で建つ王の家。 …

ブルージュの老人ホーム WZC Minnewater

世界遺産の町ブルージュにある 歴史のありそうなこの建物。 博物館か何かかと 思っ …

ディーノ 206GT
フェラーリ Ferrari GTC4 ルッソ
ディーノ 246GTS Dino
ルーベンスの油彩画「受胎告知」

数多くのアーティストが テーマに取り上げる聖書の話に 受胎告知があります。 これ …

ブリュッセル証券取引所前の道路

普段は車の通る普通の道路ですが 足を運んだ時は、 道路が閉鎖され 歩行者天国とな …

ド・ディオン=ブートンのエンジンを搭載したフランスの自動車

ブリュッセルのオートワールドに 展示してあった車両で謎(失礼・・・) だった一台 …

ブリュッセルの中国建築 Chinese Pavillion

ベルギーの主都ブリュッセルの ラーケン地区には、日本を含め アジア圏の建築物が …

ベルギーのゲントにある鐘楼と繊維ホール