世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ブルージュの市庁舎

   


1376年から1420年にかけて
建設された、ベルギーで
最も古い市庁舎。

建物正面の像やレリーフは
聖書の物語や歴史上の出来事を
表しているそうですが、

細かい内容が分からなくても
石の彫刻のような市庁舎は
非常に見ごたえあります。

ガイドブックによると
ブルージュの町の歴史を描いた

壁画で囲まれたゴシック様式の
ホールが市庁舎内にあるそうですが

この日は7月21日で
ベルギーの建国記念日。

式典が開催されており
市庁舎の中に入る事が
できませんでした。

一年の内に何度も入る
チャンスのある市庁舎内よりも

年に一度の建国記念日の
式典を見る方が
レア度は高いですが

多くのスポットが
立入禁止状態となるため

普通に観光をしたいのならば
ベルギーを旅する場合は

建国記念日の7月21日は
避けた方が無難です。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

キャデラック シリーズ62 コンバーチブル

アメリカの自動車メーカーである ゼネラルモーターズが展開する キャデラック。 そ …

アンヌヴォワ城の庭園

こちらはアルデンヌ地方にある アンヌヴォワ城の庭園です。 アンヌヴォワ庭園はワロ …

デトロイト・エレクトリックの1916年製 電気自動車

現在、電気自動車の普及に向けて いろいろな取り組みがされていますが 実は、電気自 …

ブリュッセルの中国建築 Chinese Pavillion

ベルギーの主都ブリュッセルの ラーケン地区には、日本を含め アジア圏の建築物が …

ブルージュのバー MUTTLEYS

こじんまりとした こちらの白い建物。 何かと思って調べてみたら バーとして運営さ …

ブルージュのレストラン T Minnewater

観光地のど真ん中にある レストランではありますが 日曜日と月曜日が 定休日となっ …

EU本部も入るブリュッセルのベルレモン(建物)

印象的な形をしたこちらの建物は ベルレモンと呼ばれており EU本部 EU理事会 …

ティントレットの油彩画

ティントレット(1518-1594)は、 ベネチアのサンマルコ広場にある サン・ …

ベルギーのゲントにある市庁舎

15世紀に建設が始まり 18世紀に完成したため、 各時代の様式が 入り混じった …

ドラージュのCO

フランスの自動車メーカーである ドラージュが1920年に製造したCO。 20馬力 …