世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ウィルヘルム・シューベルト・バン・エーレンバーグが描いたセントチャールズボロメオ教会の内装

   


その豪華な内装が理由なのか
セントチャールズボロメオ教会は、
当時の人々にとっては、

世界の8番目の不思議と
見なされていました。

内装は白い大理石で
覆われていて、

その大理石に
バン・エーレンバーグが

ペイントを施し
教会を素晴らしく
見せました。

また、メイン祭壇用の
記念碑的な祭壇画に加え、

ルーベンスは1616年から
1618年にかけて、

アンソニー・ヴァン・ダイクと
共同で、教会の通路のために
30の天井画を描きました。

随所に著名な画家が描いた
作品のある豪華な教会ですが、

残念ながら大理石の内装は、
1718年の火災で焼失して
しまいました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

アドリアーン・ファン・ユトレヒトの油彩画

木製のバスケットに 溢れんばかりの野菜が 入った様子が描かれている アドリアーン …

ブルージュのレストラン T Schrijverke
ブルージュの宝石店 ダイヤモンドハウス Brugs Diamanthuis

15世紀にブルージュで ダイヤモンドの研磨技術が 発明されてから ダイヤモンドは …

ベルギーのゲントにある魔王ゲラルド城

13世紀にゴシック様式で 建築され、街の港の防衛に 役立った魔王ゲラルド城。 一 …

デトロイト・エレクトリックの1916年製 電気自動車

現在、電気自動車の普及に向けて いろいろな取り組みがされていますが 実は、電気自 …

ブルージュの聖血礼拝堂

12世紀に十字軍に参加した フランドル伯である ティエリー・ダルザスが コンスタ …

アントワープのショッピング モール Stadsfeestzaal
ルーベンスの油彩画「ヘンリー4世のイヴリーの戦い」

この絵画は制作途中では ありますが ゆえにルーベンスが、 どのようにして絵画を …

アントワープの市庁舎前広場 グローテマルクト

アントワープの町の名前の由来と なったという伝説を表した ブラボーの噴水がある …

アントワープの聖パウルス教会