世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

グランプラスの王の家

      2017/12/13


世界一美しい広場と称される
ブリュッセルのグランプラスに
面する形で建つ王の家。

「王の家」と名前が
付いているものの

実際に王様が住んだことは
ないそうです。

もともとパン市場だった場所に
公爵家の館が建てられました。

その後、カール5世の命により
16世紀になって現在のような尖がった
ゴシック様式に改築されます。

スペインのハプスブルク家の
支配下にあった時代には

スペイン政庁として使用され
新教徒を監禁するための
牢獄としても使われました。

1695年のルイ14世の命により
グランプラスの建物は
ほとんが破壊されましたが

王の家も例外ではなく
ダメージを受けてしまいます。

その後の修復で1767年に
一度は異なる外観で
再建されましたが

1895年には、カール5世の時代の
ゴシック様式に忠実に再建され
元通りの外観を取り戻しました。

現在、王の家は
市立博物館となっており

世界各国から送られた
有名な小便小僧の

衣装のコレクションなどが
展示されています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ジープ ウイリスMB

1940年にアメリカ陸軍の 要請により開発され、 1941年から実戦投入された …

ブリュッセルの聖メアリー・マグダレン教会

ベルギーの主都である ブリュッセルにある 聖メアリー・マグダレン教会。 13世紀 …

アントワープのブラボーの像

アントワープの市庁舎の前には 町の名前の由来となった人物 「ブラボー」の像が立ち …

ブリュッセルの旧証券取引所

長年に渡り ブリュッセル証券取引所として 使用されてきた建物。 1868年から1 …

ブリュッセルの小便少女(ジャンネケ・ピス)

ブリュッセルというと 1619年に造られた 小便小僧の像で有名ですが、 こちらは …

プジョー VLVの電気自動車

フランスの自動車メーカーである プジョー VLVが、1941年に製造した 電気自 …

アントワープの市庁舎

1561年から1565年にかけて 建てられたルネッサンス様式の 市庁舎。 現在、 …

ポルシェ Porsche 906 カレラ6

ドイツの自動車メーカー であるポルシェが、 FIAの定めるグループ4規定の レー …

ブリュッセルのギャルリー・サン・チュベール

雨が降っても濡れずに 買い物を楽しむ事ができる ショッピングアーケードの ギャル …

アントワープのノートルダム大寺院

アントワープのノートルダム大寺院。 近くでみるとカナリ大きくて とても全部入りき …