世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ルノー 18CV

   


フランスの自動車メーカーである
ルノーが1924年に製造した18CV。

18CVは1922年から1928年まで
製造されていましたが

タイプJS (1922–1923)
タイプJY (1923–1924)
タイプKD (1923)
タイプMG (1923–1926)
タイプPI (1926)
タイプPZ (1926-1928)

と、年代ごとに全部で
6種類のタイプがあります。

写真の車両は1924年式のため
JYかMGになりますが

博物館の解説プレートには
そこまで記載がなかったので
どちらのタイプかは不明です。

ただ、おそらくはMGの方に
なるのかと思われます。

というのは博物館の18CVは
6気筒の4764ccエンジンを
搭載と解説がありましたが

同じ18CVでも年式により
排気量が異なり

JS
JY
KD

辺りまでは約4200ccの
エンジンを搭載して
いたからです。

ギアは4速マニュアル式。

車重に関しては重厚感があり
見るからに重たそうですが
1900kgあります。

最高速度は、大排気量ゆえに
90kmまで出す事ができました。

最高速度60km前後の車が
多い時代において

18CVはカナリのハイパワーを
誇っていたと言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ベルギーのゲントにある市庁舎

15世紀に建設が始まり 18世紀に完成したため、 各時代の様式が 入り混じった …

ブルージュのハイデンフェッタース広場

古い建物を利用したレストランや ホテル、お土産店が建ち並ぶ ハイデンフェッタース …

マルテン・ファン・クリーフの油彩画

ルーベンスは、彼のスタジオで 働くアシスタントに 絵の修復を任せていた事は よく …

ブルージュのフリーマーケット

ブルージュの運河沿いで 催されているフリーマーケット。 このような蚤の市は 毎週 …

ブリュッセルの雑貨屋 Marjolaine

1890年代に、これまでの 常識にとらわれない 新しい芸術様式の アールヌーヴォ …

ルーベンスが描いた教会の油彩画

17世紀の南部オランダの 宗教事情として、 プロテスタント主義との 闘いが絶えな …

ハインケル・カビーネのT153 S

ドイツのハインケル航空機 製造会社が設計した バブルカーと呼ばれる ジャンルの自 …

ロールス・ロイスのシルヴァーゴースト

1906年に設立された 自動車メーカーである ロールスロイスが 1906年から1 …

フェラーリ Ferrari 166F2

フェラーリが1948年に製造した166。 166シリーズは 166S 166スパ …

ベルギーのゲントのグラスレイ

昔は港として栄えた グラスレイには、 当時の商人たちの 富と権力を象徴する 壮麗 …