世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

フェラーリ Ferrari 275 LM

   


博物館の解説には1963-1966年と
記載がありましたが、

おそらく1964年製で
間違いない?

275LMはフェラーリが
ル・マン24時間耐久レースに

出場するために開発した
レーシングカー。

V12の3286ccエンジンを
搭載した後輪駆動車で

320馬力 7500rpmを発揮し
最高速度は290kmをマークしました。

275LMの「LM」は
Le Mansから取っていますが

この時代のフェラーリの
レーシングカーは他にも

250P
275P
250LM

など、種類が多くて車の形が
みんな同じような形なので
非常に分かりにくい。

博物館の車種は解説に
275LMとありましたが

275LMで調べても情報がほとんどなく
250LMは沢山出てくるので

もしかしたら

275LM ×
250LM ○

な気もするんですが、

細かい事はさておき
この頃のフェラーリの
プロトタイプレーシングカーは

特殊な車両ゆえに生産台数は少なく
レースでクラッシュしたら廃車ゆえに
現存数が非常に少ないため、

オークションに出品された日には
約20億円の値が付く車種になります。

フェラーリの70周年イベントで
ブリュッセルのオートワールドに

特別展示されていた車種のため
イベントが終わったら

また、他の会場で展示される事に
なると思いますが

滅多にお目にかかれない車両なので
各展示会場を転々として

多くの人の目に触れるのは
素晴らしい事だと思います。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ブリュッセルの聖ヨハネ教会
ブリュッセルで見かけるタンタン Tintin Comic Mural

生粋のブリュッセル育ちだった 漫画家であるエルジェにより 描かれ誕生した 「タン …

ブリュッセルのレストラン「ドラッグ オペラ」

この建物だけ周りと違って 目立つ色をしているため 嫌でも目がいってしまいます。 …

ゲントの聖バーフ教会
MVアグスタのレーサーバイク
17世紀の天蓋付きベッド

17世紀になるまでは、 暖房の暖かさが 届くようにするため ベッドを家のメインル …

デトロイト・エレクトリックの1916年製 電気自動車

現在、電気自動車の普及に向けて いろいろな取り組みがされていますが 実は、電気自 …

ダールモンのDSスペシャル
ランドローバーのシリーズIII
アントワープのブラボーの像

アントワープの市庁舎の前には 町の名前の由来となった人物 「ブラボー」の像が立ち …