世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ブリュッセルの王の家

   


世界一美しい広場と言われている
ベルギーの主都ブリュッセルの
グラン・プラスには

数多くの綺麗な建物が
建っていますが

写真の建物は
「王の家」
と呼ばれています。

しかし、王の家とは名前だけで
実際に王様が住んだことは
ないそうです。

この場所は、もともとパン市場でしたが、
後に、公爵家の館が建てられました。

そして16世紀後半になると
カール5世により改築がされ、
現在のゴシック様式となります。

スペイン・ハプスブルク家の
支配時代にはスペイン政庁となったり

新教徒監禁のための
牢獄としても使われました。

さまざまな用途で使われてきた
王の家ですが現在は、
市立博物館となっています。

また、館内には世界各国から贈られた
小便小僧の衣装なども
展示されているそうです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

アントワープの聖パウルス教会

13世紀にドミニコ会修道院の 教会として、3haの敷地に 築かれたのが始まりの …

ブリュッセルのノートルダム・ド・ラ・シャペル教会

ブリューゲル(父)が1569年に 埋葬された教会として有名な ノートルダム・ド・ …

ブルージュのシント・サルヴァール聖堂

12~13世紀にかけて ゴシック様式で建てられた ブルージュ最古の 教会と言われ …

ティツィアーノ・ヴェチェッリオの油彩画

イタリアのルネッサンス期を 象徴する画家である ティツィアーノ(1485/90- …

ベルギーのゲントにある大肉市場

レイエ川に沿って建つ 中世の大肉市場。 1406年から1410年に かけて建てら …

ヤーコブ・ヨルダーンスの油彩画「モーゼとエチオピアの妻チッポラ」

この絵の主題は 芸術の歴史の中では、 かなりレアなものに なります。 絵の鑑賞者 …

ウィルヘルム・シューベルト・バン・エーレンバーグが描いたセントチャールズボロメオ教会の内装

その豪華な内装が理由なのか セントチャールズボロメオ教会は、 当時の人々にとって …

サロレアの1924年製バイク Sarolea Motorcycles

ベルギーのメーカーである サロレアが、1924年に製造した 単気筒350cc 3 …

ブルージュの宝石店 ダイヤモンドハウス Brugs Diamanthuis

15世紀にブルージュで ダイヤモンドの研磨技術が 発明されてから ダイヤモンドは …

ベルギーのゲントにある聖ミヒエル橋

1905年から1909年にかけて ルイ・クロケの設計により 完成した聖ミヒエル橋 …