世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ブルージュのベギン会修道院

   


手前の花がきれいな場所ですが
奥にある建物は1245年に

フランドル伯夫人により
建てらたベギン会修道院で
世界遺産にも認定されています。

ベギン会は北西ヨーロッパの
自律的な女子修道会ですが

世界遺産の登録に当たり、
ベギン会が中世の

北西ヨーロッパで成立した
女子のみの修道会という

珍しい存在であることが
評価されたそうです。

ただ、現在では、ゲビン会修道女でなく、
15世紀そのままの修道服を身に着けた

ベネディクト派の修道女たちが
暮らしています。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ルーベンスの油彩画 アッシジのキアラ

このスケッチは、 アントワープにある イエズス会教会の ために描かれた 39の天 …

ルーベンスの油彩画「ヘンリー4世のイヴリーの戦い」

この絵画は制作途中では ありますが ゆえにルーベンスが、 どのようにして絵画を …

グランプラスのブラバン公爵の館

世界一美しい広場と称される ブリュッセルのグランプラス。 写真の建物は広場の東に …

ブガッティのタイプ23

フランスの自動車メーカーである ブガッティが、 1920年から1926年にかけて …

ブルージュのレストラン Vivaldi ヴィヴァルディ

地球の歩き方でも紹介されている ベルギー郷土料理を味わえる レストランのヴィヴァ …

ブリュッセルの王の家

世界一美しい広場と言われている ベルギーの主都ブリュッセルの グラン・プラスには …

ブルージュのマルクト広場

ブルージュの町の中心である マルクト広場。 広場の周りには レストラン 州庁舎 …

フォルクスワーゲンのタイプ2 Kombi

フォルクスワーゲンといえば ドイツの自動車メーカーですが ブリュッセルのオートワ …

ルーベンスが描いた教会の油彩画

17世紀の南部オランダの 宗教事情として、 プロテスタント主義との 闘いが絶えな …

フランス・ポルビュスが描いたエリザベスの肖像画

この油彩画に描かれている少女は、 フランス王のアンリIV世と マリー・ド・メディ …