世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

フェラーリ Ferrari 308GTS

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

ブリュッセルのオートワールドに
展示されていたフェラーリ 308GTS。

フェラーリ308は
1975年から1985年まで

製造販売された車種ですが
細かく分類すると

308GTB
308GTS

の2種類があり

1977年にフランクフルトの
モーターショーで308GTSが
追加発表されました。

ちなみに型番のSは
スパイダーを意味します。

近年の車種にも458など
スパイダーと名前が付いた
フェラーリがありますが

この頃からすでにスパイダーという
名称が使用されていました。

308GTBの初期モデルはボディの
材質にFRPと呼ばれる

技術レベルの低い
繊維強化プラスチックが
使用されていましたが

これは、当初の予定であった
スチール製ボディの製造が

ストライキが起きてしまった事が
原因で間に合わなくなり

仕方なくFRPでボディが
生産された事によります。

その後、1977年に追加された
308GTSからスチール製の
ボディとなりました。

この事から308GTSの「S」は
スチールの「S」と、
捉えたくなりますが

すでに書いた通り
308GTSの「S」は
スパイダーを意味します。

ちなみに、FRP製ボディから
スチール製ボディに
変更された事により

車重量が200kg近くも
重たくなったようです。

ブリュッセルのオートワールドに
展示されていたのは
スチール製ボディの308GTS。

そして解説プレートを読むと
最初のオーナーは

フランスの俳優の
ジャン=ポール・ベルモンド

と記載がありました。

ちなみに彼の息子は
1992年、1994年と

F1に参戦したドライバーの
ポール・ベルモンド。

ポール・ベルモンドは
フェラーリの所属歴もなければ

F1では正直なところ
パッとしない成績が続き

チームと契約できずに
F1を去る事になりましたが

このような車を所有する
父親のいる環境にあったからこそ

小さいころから
アマチュアレースに参戦をして、

F1まで登りつめられたのかも
しれませんね。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ベルギー

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

フェラーリ Ferrari 458 スペチアーレA
ロールス・ロイスのシルヴァーゴースト
フェラーリ Ferrari 348TS
ブリュッセルの聖ヨハネ教会
ブリュッセルにあるゴディバの本店
ド・ディオン=ブートンのタイプDE2 クーペ
ブリュッセルの王宮
アントワープの市庁舎
EU本部も入るブリュッセルのベルレモン(建物)
ディーノ 246GTS