世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

カレル・ファン・サボイェン作の「エマオの晩餐」

   


フランダースの画家である
カレル・ファン・サボイェン
(1619-1665)が、

1650/60年に描いた作品の
「エマオの晩餐」

エマオは新約聖書の
ルカの福音書に

掲載されている地名で、
「温かい井戸」

という意味になります。

この場所はエルサレムから
11km離れた場所にありますが、

そこはクレオパトと
もう一人の弟子の
二人が旅をしていた時、

復活したイエス・キリストが
現れた町になります。

キリストは復活後に
エマオに向かう途中で
クレオパに話しかけ

語りながら町を
目指しました。

その後、食事の招待を受けて
パンを割いた時に、クレオパは、

パンを割いているのは
イエスだと分かりましたが、

その時、イエスが見えなく
なってしまいます。

この作品はエマオの晩餐で
イエスがパンを割いている
シーンを描いたものになります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ポルシェ 911S 2.7クーペ
グイド・レーニ作の「聖母の被昇天」
ミュンヘンのイーザル門

かつてミュンヘンは、外敵の侵入を 防ぐために、城壁で囲まれた町でした。 現在は、 …

BMW R80 G/S
ギーセンのパークホテル

田舎町ギーセンにある こちらのパークホテル。 見ての通り、ボロくて 部屋数も少な …

オティリー・レーダーシュタイン作の「自画像」
ヴォルムスのルター公園

ヴォルムスの町の 中心部にあるルター公園。 ヴォルムスの駅周辺は 建物が多く緑が …

BMWのエンジン M12/13
アンゼルム・フォイエルバッハ作の「イーピゲネイア」
ローテンブルクのティルマン・リーメンシュナイダーホテル