世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ブリュッセルの雑貨屋 Marjolaine

   


1890年代に、これまでの
常識にとらわれない

新しい芸術様式の
アールヌーヴォーが
盛んになりました。

特にベルギーの主都である
ブリュッセルは

アールヌーヴォーの
中心地でした。

そのため、現在でも
500軒もの建物が残っており

町を歩いていると
アールヌーヴォー建築を
よく見かけます。

写真は木造りのファザードが
印象的な

アールヌーヴォー建築の
お店ですが

Marjolaineという
雑貨屋になります。

本当はシャッターが上がった
状態で撮影したかったんですが

写真のデータを見ると
撮影したのは19:36

すでに、夜という事もあるのか
お店は閉店しておりました。

(ヨーロッパの夏場は、21:00過ぎまで明るい)

肝心の営業時間ですが、
ホームページも見当たらないし

グーグルマップにも
営業時間は記載がないし

店頭に営業時間が
書いてあるわけでもないので
いつ営業しているのか不明。

あくまで予想ですが
日曜日以外の17:00前までに行けば、
まず入店できそうな気がします。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

オールズモビルのカーブドダッシュ
ブリュッセルの日本大使館

ベルギーの主都ブリュッセルにある 日本大使館。 日本の国旗が付いているので 遠く …

ブリュッセルのプチ・サブロン広場
アリエルのサイドカー付きバイク
17世紀の天蓋付きベッド

17世紀になるまでは、 暖房の暖かさが 届くようにするため ベッドを家のメインル …

スチュードベーカーのタイプAA
ブルージュの撮影スポット

世界遺産の町ブルージュは どこを歩いても絵になる 場所が多く 写真を撮影し始めた …

ヤーコブ・ヨルダーンスの油彩画「モーゼとエチオピアの妻チッポラ」

この絵の主題は 芸術の歴史の中では、 かなりレアなものに なります。 絵の鑑賞者 …

ブルージュの州庁舎
フェラーリ スポーツ・プロトタイプ 196 レプリカ