世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

パリの市庁舎

   


1セーヌ川沿いにあるルネッサンス様式の
豪華な外観が印象的なパリ市庁舎。

1977年からパリ市長が
この建物を利用し

レセプション会場としても
利用されています。

パリ市庁舎の歴史は非常に古く
1357年にパリ市長の地位にあった

エティエンヌ・マルセルが
この場所にあった

「柱の家」

と呼ばれる建物を自治体名で
購入したのが始まりです。

その後、1533年になり、その時代の
王であったフランソワ1世が

大都市パリにふさわしいような
ヨーロッパで一番の市庁舎を

設置すると決めたことから
もともとあった「柱の家」が
取り壊される事となり

ルネッサンス様式の市庁舎へと
建て直されることになります。

しかし普仏戦争の時代になり
1871年に市庁舎は放火により焼失。

建物のみならず、フランス革命期から
当時まで残っていた貴重な文献も
焼失してしまったようです。

石造りの骨組みだけが残る結果と
なったパリの市庁舎は、

その後、1873年から再建が開始され
1892年に完成しました。

そのため、現在の市庁舎は
オリジナルのものではありませんが

それでも築後100年以上は経過した
歴史ある建物です。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - フランス

スポンサード リンク

  関連記事

ストラスブールのロアン宮殿

18世紀、ストラスブール司教の 住居として建造されたロアン宮殿。 ルイ15世 マ …

パリのギメ美術館

リヨンの実業家である 「エミール・ギメ」 のコレクションから発足したのが パリに …

カバネルが描いたヴィーナスの誕生 オルセー美術館蔵

ギリシャ神話の代表的な話である ヴィーナスの誕生は 数多くのアーティストが 題材 …

パリのサン・セヴラン教会

賑やかなレストラン街の 一角に建っている サン・セヴラン教会。 この教会は歴史が …

パリのレンタル自転車

パリの町を歩いていると 色々な場所でレンタル自転車を 見かけます。 現地での交通 …

パリのシンボル「エッフェル塔」

フランス革命100周年を記念して 第3回パリ万国博が開催されたときに 合わせて建 …

ストラスブールのサン・ピエール・ル・ジュヌ教会

ストラスブールには複数の サン・ピエール・ル・ジュヌ教会 がありましたが ここは …

パリの旧海軍省

パリのコンコルド広場に 面する形で建つ旧海軍省。 もともと王室の宝飾品を 管理す …

ルノー 4CV

フランスの自動車メーカーである ルノーが生産した小型自動車の4CV。 1946年 …

パリのパンテオン

パリの守護聖女である ジュヌヴィエーヴを祀った 丘の上の古い教会を 18世紀にな …