世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ハイデルベルク城の大樽棟にあるペルケオの像

   


DSC00370昨日の記事で紹介したワイン樽。

このアングルからでも、
左下に彫像像があるのが
見えます。

DSC00371正面から見ると、こんな感じ。

人形の他にも、ワインの大樽を製作
したときに使われた大きなコンパスと
カンナも展示されています。

この人形はペルケオの像と
呼ばれています。


よ~く見ると


片手にグラスを持っているのが
見えます。

ペルケオは1日に15本もの
ワインを飲む大酒飲みで


なんと!!


子供の頃から、ワインを唯一の
飲み物として、飲み続けてきたほど。

その実績からか何なのか
カール3世フィリップが樽の監視を
命じます。

ペルケオは、フィリップが選帝侯に
就任する前に、宮廷道化師として
連れてこられました。

さすがに、お酒を飲み続けるのは
体に良くなく、ペルケオが年をとって
病気になったときに

ワインをやめて水を飲むように
医師からアドバイスを受けます。

しかし

助言に従ったものの、その翌日には
亡くなってしまいました。

もしかしたら

水を飲まずに、そのままワインを
飲んでいれば、また違った結果に

少なくとも翌日に亡くなることは
なかったのかもしれませんね。

実際、水を飲んで、あまりのまずさに
驚いて、それが原因で亡くなった、

なんて言われ方もします。

DSC00373いたずら好きだった、彼の像の
横には、小さな時計があります。


これはですね


下についているリングを
引っ張ることができます。



このリングを引っ張ると・・・


何が起きるかというと・・・


動画を撮影してきたので
チェック下さい♪


あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

シャルロッテンブルク宮殿の書斎

第二次世界大戦で 全焼してしまったため、 1985年から1994年にかけて 開催 …

ウルムのシュネスハウス

ウルムの漁師の一角にある Schönes Haus(美しい家)。 上半分が木組み …

ヨハン・クリスチャン・ダール作の1820年12月のヴェスヴィオ山の噴火

ノルウェー出身のロマン派の 代表的画家に数えられる ヨハン・クリスチャン・ダール …

トーマス ローラー

映画「ダビンチ・コード」などにも 登場しそうなこのアイテムですが、 1790年に …

イトシュタインの傾いた家

イトシュタインの旧市街には、 数多くの個性的な木組みの家が 建ち並んでいますが、 …

ハーキュレス K125 BW

製造年:1971年 パワー:12.5PS 排気量:123cc エンジン:単気筒 …

フィアット 500F

製造年:1972年 パワー:18PS 排気量:500cc 1957年から1975 …

カミーユ・コロー作のイタリアの秋の景色

フランスの画家である ジャン=バティスト・カミーユ・コローが、 (1796-18 …

メッサーシュミット KR200

製造年:1955年 パワー:10.2PS 排気量:191cc エンジン:単気筒 …

ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ作の「キリストを崇拝する聖母マリア」

イタリアの画家である ジョヴァンニ・バッティスタ・サルヴィ (1609年-168 …