世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

フランクフルトのパウルス教会

   


DSC00561こちらはプロテスタントの教会である

パウルス教会
(パウロ教会)

1833年に建てられた教会ですが
第二次世界大戦で完全に消失して
しまいます。

なので、現在の教会はオリジナルではなく
戦後、修復された新しいものになります。

まだ100年も経過していないので
ヨーロッパに残るオリジナル物の
古い教会と比べたら
見た目がほんと新しいです。


この教会は1848年5月にドイツの
自由と統一を図ろうとした

憲法制定ドイツ国民議会

が開かれたことで有名。


これまでの社会というのが、フランス革命以前の
体制に戻そうとした権力集中というか
自由主義・国民主義を抑圧しようとした

悪名高き?

ウィーン体制

だったわけです。


歴史をたどれば独裁みたいな国民を
抑圧するような制度は長続きしないわけで

このウィーン体制も、クリミア戦争で崩壊。

体制を支えたメッテルニヒは
亡命に追い込まれます。


ちょうど、この時期は

「オーストリアのウィーン三月革命」
「プロイセンのベルリン三月革命」

などなど、各地で自由主義が高まりました。



そんな混乱の世の時期に、自由を勝ち取るために
このパウロ教会で憲法制定ドイツ国民議会が
開催されることとなります。


しかし・・・


当時、君主主義のプロイセン国王が
自由主義的な憲法など受け入れる事はなく

各国で起こった革命を期に高まった
自由主義的なドイツ統一は失敗に終わります。


この教会は、あまり足を運ぶ人がいないほか、

地球の歩き方では地図のページに

パウルス教会

とだけ書かれて掲載されている
だけですが、

もし当時、憲法改正でドイツ統一に
成功していたら、


歴史を変える舞台となった場所!!


ということで、もう少し有名なスポットに
なっていたかもしれませんね。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

BMW R75/5
シャーマン M4中戦車
ハイデルベルクの福音教会
シボレー モンテカルロ
リューデスハイムのレストラン「ベイ・ハネロア」
切符を買ったら忘れずに

海外旅行に行ってカルチャーショック だった事の一つに、日本と違って改札が ない国 …

ドラッグスター「ビクター」
ウィルヘルム・フレディー作の「祖国のために」
ライプツィヒのバッハ記念博物館

16世紀に建てられた建物を 利用して運営されている バッハ記念博物館。 かつて、 …

シボレー シェベル マリブ