世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ハンブルクのミニチュアワンダーランド Vol.65

   


建物にかけられた垂れ幕には
白い丸の部分に、

ナチ党のシンボルである
ハーケンクロイツ(鉤十字)
が省かれているため、

ナチスドイツ時代の
町並みを表現した

ジオラマと断言は
できませんが、

広場に集合している
兵隊の装備スタイルも

ナチスドイツ時代の
恰好をしているため、

いつの時代の
ジオラマなのかは

察してくださいとの事だと
思います。

なぜ、曖昧な作りに
なっているかというと、

現在、ドイツではむやみに
ナチスドイツを連想させる物を

身に着けたりして街を歩くのは
違法となっており逮捕案件に
なってしまうからです。

模型くらいなら大丈夫な気が
しないでもないですが、

白塗りにしている事を
考えると、

そうではないのかも
しれませんね。

本屋さんの歴史書の
コーナーなどで

ナチス時代の本が
販売されていますが、

これに関しては
ハーケンクロイツ(鉤十字)は
白塗りにされることなく

普通に販売されているので
処罰の対象外のようです。

ちなみに、日本では
ハーケンクロイツ(鉤十字)を

プリントしたTシャツなどが
普通に売られていますが、

それを着用してドイツを歩くと
逮捕されますので、
絶対にしないで下さい。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

1939年式 メルセデスベンツ T80 ワールドレコードカー

オーストリアの自動車工学者 フェルディナント・ポルシェが デザインを担当し、 D …

赤像式のスキュポス
Leichter Zugkraftwagen 1t ハーフトラック Sd Kfz 10
フランクフルトのクリスマスマーケット
ウルムの大聖堂
BMW 323i
ウルムの州立公園ドナウヴィーゼ・ウルム

霜が降っているため 緑色の芝が分かりにくいですが ここはドナウ川沿いにある 州立 …

マックス・ベックマン作の「川の氷」
ヘロン スズキ
ヨハン・コンラート・ゼーカッツ作の「噴水と子供たち」