世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

アンゼルム・フォイエルバッハ作の「イーピゲネイア」

   


ドイツの画家である
アンゼルム・フォイエルバッハ
(1829-1880)が、

1862年に描いた作品の
「イーピゲネイア」

アンゼルムは1856年から
イタリアに住み始めて、

その後、生涯を異国の地で
過ごしました。

ローマでは3種類の
「イーピゲネイア」を
描いています。

イーピゲネイアは
ギリシャ神話に登場する
ミュケーナイの王女ですが、

アンゼルムが描く絵画で
有名なテーマの一つとして
知られています。

美術館に展示されている
この作品に関しては、

アンゼルムの代表作の
一つと言われており、

1897年からこの美術館に
収蔵されています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ピエール・ピュヴィ・ド・シャヴァンヌ作の「砂漠のマグダラのマリア」
アシャッフェンブルクのポンペイアヌム通り

アシャッフェンブルクの ポンペイアヌム通りは お屋敷街と言えるくらい 印象的なデ …

ピーター・フェイン作の「寓意画」
ハンス・トーマ作の自画像
ポルシェ 911(993) ターボ
ヴュルツブルクのマクドナルド

ヴュルツブルクの目抜き通りとも言える シェーンボルン通り。 人通りも多く、いろん …

ヨハン・ゲオルク・プフォル作の「馬の市場」
レッドブル ザウバー ペトロナス C18
オペル スーパー6
ミュンヘンのテアティーナ教会

豪華な装飾な特徴のバロック様式の この教会は、 「テアティーナ教会」 と呼ばれて …