世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

アーニョロ・ブロンズィーノ作の「赤い服を着た女性の肖像画」

   


イタリアの画家である
アーニョロ・ブロンズィーノ
(1503-1572年)が、

1533年に描いた作品の
「赤い服を着た女性の肖像画」

この絵画は、イタリアの
マニエリスム期の肖像画で、

重要な作品の1つと
されています。

また、アーニョロの
初期の特徴が出ている
作品でもあります。

恐らくですが肖像画に
描かれている若い女性は、

フィレンツェを代表する
家族に属していました。

なぜなら彼女の自信溢れる姿や
絵の構図から、

社会的地位の高さが
見出せるからです。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ホットロッド フォードモデルA 4ドアセダン
ノイシュバンシュタイン城

ドイツのロマンチック街道の終点として、 人気の高い観光スポットの ノイシュヴァン …

ドイツ最古にしてもっとも有名なハイデルベルク大学

ハイデルベルクの大学広場に 面する形で建っているのが ドイツ最古にしてもっとも有 …

BMWのエンジン P54 B20
ハン・ミュンデンのドイツ料理レストラン Zum Weserstein
ポルシェ 911 カレラ RSR 3.0
ザウバー C21
BMWのエンジン M12/7
BMWのエンジン M10
エルンスト・ルートヴィヒ・キルヒナー作の「白いキャミソールを着た女性」