世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

アーニョロ・ブロンズィーノ作の「赤い服を着た女性の肖像画」

   


イタリアの画家である
アーニョロ・ブロンズィーノ
(1503-1572年)が、

1533年に描いた作品の
「赤い服を着た女性の肖像画」

この絵画は、イタリアの
マニエリスム期の肖像画で、

重要な作品の1つと
されています。

また、アーニョロの
初期の特徴が出ている
作品でもあります。

恐らくですが肖像画に
描かれている若い女性は、

フィレンツェを代表する
家族に属していました。

なぜなら彼女の自信溢れる姿や
絵の構図から、

社会的地位の高さが
見出せるからです。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ポルシェ 911 SC RS
1886年製のベンツの自動車

ベンツが特許を取得し 世界へ初めて送りだした ガソリンエンジンを 搭載した自動車 …

ベネトン B195
パウラ・モーダーゾーン=ベッカー作の「少女」
神秘的なリンダーホーフ城

ルードヴィヒ2世が建てた 3つの城の中で 最も王が長く滞在したのが このリンダー …

電気機関車 EP5(E 52)
ジョヴァンニ・バッティスタ・ピアッツェッタ作の「虫眼鏡の老人 」「手に頭をもたれている女性 」
マインツの小学校 Eisgrubschule

歴史的建造物の風格ある 立派な建物ですが、 こちらはマインツの 小学校になります …

シャルロッテンブルク宮殿の青いサテンの間

この青いサテンの間は、 フリードリヒI世の時代、 彼の部屋へと繋がる エントラン …

ドラッグスター フロントエンジン