世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ディルク・ボウツ作の「聖母子像」

   


初期フランドル派の画家である
ディルク・ボウツ
(1415/20年-1475年)が、

1475年に描いた絵画の
「聖母子像」

この作品は、キャンバスではなく
板に油彩で描かれています。

美術館は1892年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

フィリップ・ファイト作のベルヌスの男爵夫人の肖像
ヴュルツブルクのノイミュンスター教会

こちらは、ヴュルツブルクの守護聖人である 聖キリアン の墓の上に、11世紀になっ …

ヴィリー・バウマイスター作の「幾何学的なフローティングフォーム」
シャルロッテンブルク宮殿の寝室

ベッドは現存していませんが、 フレデリックが寝室として 使用していた宮殿北側の部 …

統制型乗用車 PKW
シャルロッテンブルク宮殿の化粧室

部屋の天井部分に、 美の象徴である 女神が描かれた化粧室。 部屋の使用目的に合わ …

コルネリス・ド・ヘーム作の「野菜や果物のある静物画」
リューデスハイムで見かけたフェントのトラクター

ヨーロッパでは 農道のみならず 普通車が多く 走行している道でも トラクターを …

フェリックス・ヴァロットン作の裸婦画
ポルシェ ケイマン ハイブリッド プロトタイプ