世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ディルク・ボウツ作の「聖母子像」

   


初期フランドル派の画家である
ディルク・ボウツ
(1415/20年-1475年)が、

1475年に描いた絵画の
「聖母子像」

この作品は、キャンバスではなく
板に油彩で描かれています。

美術館は1892年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

マクリノ・ダルバ作の「三連祭壇画」

イタリアの画家である マクリノ・ダルバ (1465-1528)が、 1493/9 …

ポルシェ ボクスター スパイダー

製造年:2015年 エンジン:水平6気筒 排気量:3800cc パワー:375P …

BMW ザウバー F1.06

BMWがF1のザウバー・チームを 買収し、BMWザウバーという形で 製作した一番 …

カール・ホーファー作の「盲目の男性と女性」

ドイツの画家である カール・ホーファー (1878-1955)が、 1943年に …

マクシミリアン・クレワー作の「南海」

ドイツの画家である マクシミリアン・クレワー (1891-1963)が、 193 …

モーリス・ドニ作の「入浴者」

フランスの画家である モーリス・ドニ (1870-1943)が、 1907年に描 …

ヴィルヘルム・トリュブナー作の「紫のドレスを着た婦人」

ドイツの画家である ヴィルヘルム・トリュブナーが、 (1851-1917) 18 …

ハイデルベルクの聖霊教会

ハイデルベルクのマルクト広場で ひときわ目立つのがこちらの 「聖霊教会」 ここか …

リューデスハイムのワインバー Weingut Carl Ehrhard

ワイン造りも行っている Carl Ehrhardさんが 運営するワインバー。 こ …

ベルリンの壁 イーストサイドギャラリー

シュプレー川沿いのミューレン通りに 今も残るベルリンの壁。 約1.3kmがオープ …