世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ヴィルヘルム・トリュブナー作の「紫のドレスを着た婦人」

   


ドイツの画家である
ヴィルヘルム・トリュブナーが、
(1851-1917)

1873年に描いた肖像画の
「紫のドレスを着た婦人」

ヴィルヘルムは、家業である
金細工の工場を継ぐために

父親から訓練を受けて
いましたが、

1867年に、画家の
アンゼルム・フォイエルバッハと
出会い、

画家になる事を勧められて
美術学校へ進学をし
絵を学び始めます。

その後、個展を開催したり
美術学校の教授や校長を
努めるなど、

画家として成功しました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

イトシュタインのタナーの噴水

革の生産中心地であった イトシュタインですが、 地域経済の基盤である事を 表現す …

マインツのアウグスティーナ教会

こちらはマインツにあるアウグスティーナ教会。 マルクト広場から南側に位置します。 …

ゲラルド・スタルニーナ作の「受胎告知」
2013年式 メルセデスベンツ SLS AMG ブラックシリーズ
BMW 325iX
ヴェッツラーの衣料品店「Modehaus Beck」

ヴェッツラー旧市街の 中心部とも言える ドム広場に面する形で 建っている衣料品店 …

統一ドイツの象徴ブランデンブルク門

今では自由に行き来ができるように なったものの、東西ドイツ時代は この近くにベル …

マルティノー・ディ・バルトロメオ作の「ステファノの7場面」
シャルロッテンブルク宮殿の図書館

フリードリヒが住んだ すべての宮殿で 重要な役割を果たした 図書館。 シャルロッ …

ヘリット・ベルクヘイデ作の「アムステルダム市庁舎」