世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ヴィルヘルム・トリュブナー作の「紫のドレスを着た婦人」

   


ドイツの画家である
ヴィルヘルム・トリュブナーが、
(1851-1917)

1873年に描いた肖像画の
「紫のドレスを着た婦人」

ヴィルヘルムは、家業である
金細工の工場を継ぐために

父親から訓練を受けて
いましたが、

1867年に、画家の
アンゼルム・フォイエルバッハと
出会い、

画家になる事を勧められて
美術学校へ進学をし
絵を学び始めます。

その後、個展を開催したり
美術学校の教授や校長を
努めるなど、

画家として成功しました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

メルセデスベンツ 300SL
マックス・リーバーマン作の「サムソンとデリラ」
1912年式 ベンツ 3トン トラック

第一次世界大戦前の時代においては、 典型的な構成だったベンツの 3tトラック。 …

アシャッフェンブルクの劇場

古い建物の多いアシャッフェンブルクの 旧市街エリアにおいて ガラス張りのモダンな …

ロベルト・カンピン作の「三位一体」
ジョヴァンニ・バッティスタ・シーマ作の「聖母子像」
ハンブルクのミニチュアワンダーランド Vol.22

満員の観客が座る 屋外劇場が設置された ジオラマ。 また、丘の上には 剣と盾を持 …

ハンブルクのミニチュアワンダーランド Vol.59

イタリアの人気観光地である 恐らくアマルフィを表現した ジオラマ。 外観沿いにカ …

ニコラス・ベルタン作の「若者の復活」

パリ芸術アカデミーの 教授も務めた フランスの画家である ニコラス・ベルタン ( …

ウルムの城壁歩き

中世以来ドナウの 水運で栄えたウルム。 ドナウ川沿いには 城壁の一部が残っており …