世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

1915年式 メルセデス DIII 航空機エンジン

      2018/09/22


1914年から1917年までに
12000台以上が製造された

メルセデスの
エンジン DIII。

その後、開発された
改良型のDIIIaは、

第一次世界大戦中に
全航空機エンジンの中で

最高生産量を記録する事と
なりました。

メルセデスのエンジンが
他社のエンジンよりも

軍事需要が大きかった
理由として、

高い信頼性と洗練された
デザインがあげられます。

とりわけスチール製の
シリンダーと、

垂直軸駆動の
オーバーヘッドカムシャフトが、

見た目にも機能美を
感じさせます。


▼スペック
6気筒 14778cc
170馬力 1450回転
生産年 1914-1917年
重量 268kg

▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

アシャッフェンブルクのホテル Zum Goldenen Ochsen(ツム ゴールデネン オクセン)
ベルリンの連邦政府庁舎
BMW R 100 RS
シャルロッテンブルク宮殿のエトルリアの間

この部屋のインテリアは、 当時、発見されたばかりの 古代エトルリアの芸術を 参考 …

1965年式 メルセデスベンツ L406 パネルバン
BMWのエンジン M10
BMW 335i
近代的自動車の誕生

新しいコンセプトのもと 製造されたメルセデスの車。 これまでのような 馬車にエン …

1962年式 メルセデスベンツ 300SL ロードスター
BMW 507 プレスリー