世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

グランプラスの西のグループの建物

      2017/12/15


世界一美しい広場と称される
ブリュッセルのグランプラスには

壮麗な建物が数多くありますが
写真は西に位置する建物群。

6軒の建物が連なっている
ように見えますが、

それぞれに番地や
名称が付いています。

一番右側は1番地の
建物になります。

昔の軒名はスペイン王。

パン屋同業組合として
使用された建物で、

爆撃後に再建された
ものになります。

3階中央には胸像が
ありますが

スペイン王シャルル2世の
ものになります。

現在は、ブラスリーとして
使用されています。

右から2番目の建物は
2、3番地になります。

昔の軒名は

・スペイン王
・猫車

油商同業組合として
使用された建物で

最上部には守護聖人
ジャイルズの像があります。

現在はカフェとして
使用されています。

右から3番目の建物は
4番地になります。

昔の軒名は袋。

酒高級指物師樽屋同業組合として
使用された建物です。

1644年に建てられましたが
1695年の爆撃で破壊されてしまい
上部が再建されました。

2014年からスターバックスが
入っています。

右から4番目の建物は
5番地になります。

昔の軒名は雌狼。

射手同業組合として
使用された建物です。

ここは2度も再建されていて
現在のものは1695年に
建造されたものになります。

壁には4つの像が立っていますが

真実

対立
平和

を表していています。

また、屋根にはきらびやかな
金の不死鳥が乗っています。

現在は、銀行として
使われています。

右から5番目の建物は
6番地になります。

昔の軒名は小角笛。

船頭同業組合として
使用された建物です。

ここも再建されたもので
現在の建物は1697年に
建造されました。

屋根の左右には船乗りたちの
像が取りつけられています。

現在は、銀行として
使われています。

一番左の建物は
7番地になります。

昔の軒名は狐。

小間物商同業組合として
使用された建物で

ボタンやレースを扱う
商人たちのギルドハウスでした。

正面には守護聖人である
ニコラの像が立っています。

現在は、1階にATMが
入っています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ブルージュのパン屋さん Carpe Diem

階段状になっている 屋根が印象的な ギルドハウスの建物に 入っているパン屋の C …

ブリュッセルの王立軍事歴史博物館

王立軍事歴史博物館の前にある凱旋門。 旗を吊るすためのワイヤーも張ってありました …

ブルージュの聖母教会

高さが122mもある塔を持つ聖母教会。 ブルージュの町のあちこちから見えます。 …

ブルージュの陶磁器人形店 Kasper Keramiek

お店の主人が手作業で 製作した陶磁器人形を 販売しているお店の Kasper K …

グランプラスの南のグループの建物

世界一美しい広場と称される ブリュッセルのグランプラスには 壮麗な建物が数多くあ …

ブリュッセルのピエール・マルコリーニ

ベルギーチョコレートの 奇才と言われる ピエールマルコリーニ。 なぜならば 「シ …

ブルージュのホテル バジェンツェ

ブルージュ旧市街の 中心部からは離れていますが 駅からは近く利便性の高い ホテル …

ブルージュの市庁舎

1376年から1420年にかけて 建設された、ベルギーで 最も古い市庁舎。 建物 …

アントワープの金曜市場 Vrijdagmarkt

プランタン・モレトゥス博物館前で 毎週金曜日に開催される アントワープの金曜市場 …

ブルージュの火薬塔(ポアトレン)

1401年に火薬を保管するために 建てられた高さ18メートルの火薬塔。 今では塔 …