世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ゲオルグ・ペーテルのアダムとイブ像

   


アンティーク彫刻の
コレクターであった
ルーベンスですが、

古い彫刻のみならず
同時代の作品にも
興味を持っていました。

ルーベンスのコレクションは、
彼のお気に入りの彫刻家が

象牙を素材に彫った作品が
多かったそうですが、

その中には、ドイツ人彫刻家の
ゲオルグ・ペーテル(1593-1633)が
含まれていました。

ゲオルグは1624年から
1628年まで

アントワープで
活動していました。

その間、ゲオルグは
ルーベンスと親交を深めます。

ルーベンスは、彼の彫刻を
3つ所有していましたが、

その中の1点が、展示されている
アダムとイブ像になります。

象牙という素材の特性上、
等身大のような大きな
作品は製作できないため、

象牙のアーティストの作品は
ミニサイズに限られました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

アントワープのショッピング モール Stadsfeestzaal
オットー・ファン・フェーンの油彩画
ブリュッセルの聖ヨハネ教会
ブガッティのタイプ23
フェラーリ Ferrari 599 Alonso GTB HGTE 60 F1
ダールモンのDSスペシャル
17世紀のPortefraes

ルーベンスの時代、 市民は高価であっても 控えめな服装、 一般的には黒い服を 着 …

ベルギー南部の町デュルビュイ

ベルギー南部にある のどかな田舎町デュルビュイ。 この町は現地の人たちに人気なの …

ルーベンスの自画像
ナポレオン3世の結婚式で使用された馬車

ブリュッセルのオートワールドに 展示されていた馬車。 主にエンジン付きの クラシ …