世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ユスタス・ファン・エグモンの油彩画

      2019/07/17


20世紀半ばまでは
この作品はルーベンスが
描いたものと信じられていましたが、

後にユスタス・ファン・エグモンが
描いたものと判明します。

ユスタス・ファン・エグモンは
ルーベンスの生徒であり
助手でもありました。

ユスタスは1630年頃に
パリに引っ越しをして、

肖像画家
印刷出版社
タペストリーデザイナー

としての名声を
築き上げました。

展示されている油絵は
タペストリーのデザインのために
考案されたものになりますが、

古代ローマの歴史の中の
エピソードを描いています。

ローマ人がサビーンの
女性を誘拐したため、

その後、サビーンはローマとの
戦争に備えるという事がありましたが、

誘拐された女性たちが
両者の間で仲介を行い

最終的に和解させる事に
成功しました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

アントワープのショッピング モール Stadsfeestzaal
油彩のスケッチ画

より大きな作品や 他の作品を描く際の 練習として書かれた 小さな油彩画。 また、 …

ディナンのノートルダム教会

ムーズ川沿いにある ディナンという町。 のどかな印象ですが、 歴史的に見ると 悲 …

ブリュッセルのビーエス40
ミネルヴァのMLTトラクター
ブリュッセルの王の家

世界一美しい広場と言われている ベルギーの主都ブリュッセルの グラン・プラスには …

ブリュッセルの小便小僧

誰もが一度は見聞きしたことのある 「小便小僧」 のオリジナルが、ベルギーの 主都 …

ロールス・ロイスのシルヴァーゴースト
ダールモンのDSスペシャル
アントワープの市庁舎