世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

デトロイト・エレクトリックの1916年製 電気自動車

   


現在、電気自動車の普及に向けて
いろいろな取り組みがされていますが

実は、電気自動車が世に出たのは
ここ最近の話ではなく
100年以上前まで遡ります。

1907年に設立された、アメリカの
デトロイト・エレクトリックという
EVメーカーが1939年までに

13000台もの電気自動車を
販売していました。

しかし、電気自動車の販売を
継続させる事が難しくなり
残念ながら廃業。

世界にはガソリン車が圧倒的に
普及する流れとなります。

現在でもそうですが
コストや利便性を考えると

まだまだ、ガソリン車には
太刀打ちできません。

でも、この時に電気自動車開発の
道に進んでいたら

今の車社会がどうなっていたのか
非常に気になります。

ガソリンスタンドの代わりに
電気スタンドが建ち並び

住宅の駐車スペースには
1区間ごとに充電設備が
整っていたかもしれませんね。

また、現在のように、
ここまで温暖化について

深刻に言われる事は
なかったかもしれません。

電気自動車の元祖と言える
デトロイト・エレクトリック社ですが

写真の電気自動車は
1916年製の製品になります。

最高速度は40kmまで
走行可能距離は130-150km

充電式のバッテリーを
積んでいたようです。

この頃の一般的な車は
最高速度が50km前後のため

速度的には遜色ない性能を
誇っていたと言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

メッサーシュミット Messerschmitt KR200

ドイツのメーカーである メッサーシュミットが 1964年に製造したKR200 と …

ブリュッセルのオートワールド フェラーリ70周年特別展示

1886年から1970年代の クラシックカーが 250台ほど展示されている ブリ …

ブリュッセルのホテル ル ディセッティエーム

入口が高級感溢れオシャレな 感じの建物ですが ブリュッセルの4つ星ホテル ル デ …

アントワープのダイヤモンド販売店

世界のダイヤモンドの 研磨・取引の中枢である アントワープには、 中央駅を出て1 …

マタイアス・ヤンス・バン・デン・バーグの油彩画

17世紀の肖像画の主題には、 死にかけている子供を 描いた作品も多々ありました。 …

ヤーコブ・ヨルダーンスの油彩画「モーゼとエチオピアの妻チッポラ」

この絵の主題は 芸術の歴史の中では、 かなりレアなものに なります。 絵の鑑賞者 …

EU本部も入るブリュッセルのベルレモン(建物)

印象的な形をしたこちらの建物は ベルレモンと呼ばれており EU本部 EU理事会 …

ブリュッセルのユニクロ

今や世界中で見かける ユニクロですが 東京からブリュッセルへ、 ということで 2 …

キャデラック シリーズ62 コンバーチブル

アメリカの自動車メーカーである ゼネラルモーターズが展開する キャデラック。 そ …

ルーベンスの油彩画「ガルバ」

古代ローマに魅了された ルーベンスは、 画家としてのキャリアが 浅い段階から ロ …