世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

オールズモビルのカーブドダッシュ

   


アメリカの自動車メーカーである
オールズモビルが、

1901年から販売した
カーブドダッシュ
という自動車。

ダッシュボードが曲線を
描いているため

カーブドダッシュと
名前が付きました。

単気筒の639ccエンジンを
搭載しており最高速度は
32kmまで出ました。

足回りは非常に柔らかい
サスペンションを装備しており

第一次世界大戦前の
アメリカの荒れた大地でも
乗り心地が良かったそうです。

オールズモビルは1897年に
創業したメーカーですが

カーブドダッシュは
1901年から1905年にかけて
生産された

会社の歴史上、
初期のモデルになります。

この車ですが
自動車産業史上初の

ライン生産方式による
大量生産に成功した車で

1901年 – 425台
1902年 – 2500台
1903年 – 4000台
1904年 – 5000台
1905年 – 6500台

と、年々増産が可能と
なっていきました。

同時期のとある自動車メーカーは
年間800台前後の生産台数が

毎年繰り返される感じだったので
比較にならない成長と生産体制です。

また、カーブドダッシュは
見ての通り造りが非常に単純なので

それも、大量生産しやすい
要因かと思います。

ブリュッセルのオートワールドに
展示されていたカーブドダッシュは

5000台生産されたうちの一台の
1904年モデルになります。

そんなオールズモビルですが
ゼネラルモーターズに
買収されながらも

長年、自動車ブランドとして
残り続けて

近年まで自動車を
生産しておりましたが

販売の低迷に
歯止めがかからず

2004年には107年の歴史に
幕を閉じる形で残念ながら
消滅してしまいました。

ただ、少し前まで車を
作っていたメーカーのため

台数は少ないですが
今でも日本の中古車サイトで
ヒットします。

▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ティツィアーノ・ヴェチェッリオの油彩画
アンソニー・ヴァン・ダイクの油彩画「聖マタイ」

アントワープ初期の時代に アンソニー・ヴァン・ダイクが 描いた絵画の中に、 最も …

ブリュッセルで見かけるタンタン Tintin Comic Mural

生粋のブリュッセル育ちだった 漫画家であるエルジェにより 描かれ誕生した 「タン …

アントワープのフルン広場とルーベンスの像
クライスラーの初製品 クライスラー・シックス

現在でも見聞きする アメリカの自動車メーカー クライスラー。 創業者のクライスラ …

ミネルヴァのMLTトラクター
アントワープのブラボーの像

アントワープの市庁舎の前には 町の名前の由来となった人物 「ブラボー」の像が立ち …

メッサーシュミット Messerschmitt KR200
FN サハラのM70
ベルギーのゲントにある市庁舎