世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

パリのパンテオン

   


dsc00615パリの守護聖女である
ジュヌヴィエーヴを祀った
丘の上の古い教会を

18世紀になってからルイ15世が
病の回復を祝って再建したのが
このパンテオン。

dsc00616奥行き110m
高さ83m
ドームの重さ約1万t

と言われる
巨大なモニュメントです。

dsc00617パンテオンの正面には
エッフェル塔が見えました。

dsc00619パンテオン内部。

かつて外壁には42個の窓が
あったようですが

フランス革命で破壊されてしまい
現在は残っておりません。

dsc006211851年に、地球の自転を証明するために
ドームに振り子を設置して公開実験が
行われました。

そのため、当時のオリジナル品ではありませんが
現在でも同じ型の振り子が設置されています。

dsc00625パンテオンの地下は
偉人、哲学者の廟になっています。

dsc00626地下埋葬所の入口には
共和党の指導者である

レオン・ダンベッタの
心臓が入った赤褐色の
壺が設置されています。

dsc00627「自然に帰れ」と説いた
ジャン・ジャック・ルソーの
木製の棺。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - フランス

スポンサード リンク

  関連記事

ストラスブールのサン・ピエール・ル・ジュヌ教会

ストラスブールには複数の サン・ピエール・ル・ジュヌ教会 がありましたが ここは …

パリのオルセー美術館

パリには有名なルーブル美術館を含め 数多くの美術館がありますが ここオルセー美術 …

パリのシンボル「エッフェル塔」

フランス革命100周年を記念して 第3回パリ万国博が開催されたときに 合わせて建 …

パリのパレ・ガルニエ(ガルニエ宮)

パリのオペラ座。 現在も音楽、舞踏の殿堂として さまざまな公演が行われています。 …

ルノワールが描いた「田舎のダンス」「都会のダンス」 オルセー美術館蔵

印象派の巨匠ルノワールが 1883年に描いた 右「都会のダンス」 左「田舎のダン …

パリの旧海軍省

パリのコンコルド広場に 面する形で建つ旧海軍省。 もともと王室の宝飾品を 管理す …

ストラスブールの聖ニコラ教会

ストラスブールを流れる イル川沿いに建つ 聖ニコラ教会。 高くそびえる一本の尖塔 …

ストラスブールのオペラ座

ブログリ広場の一角には オベリスクが建っており さらに広場の一番端には 1804 …

ブガッティのタイプ44
ストラスブールの芸術文化センター

レピュブリック広場の近くに建つ 芸術文化センター(T.N.S) 中はコンサート会 …