世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

アントワープの市庁舎

   


11561年から1565年にかけて建築された
アントワープの市庁舎。

この建物の建築にはイタリア人が
参加したために、

この地方では当時は例のなかった
イタリア&フランドル・ルネッサンス様式
という特徴的な様式で建てられました。

鐘楼の部分は
「フランドル地方とワロン地方の鐘楼群」

のひとつとしてユネスコの
世界遺産に登録されています。

ちなみに、2015年2月28日から1年間
アントワープ市庁舎450周年を記念して

『アントワープ市庁舎450周年記念展』
などのイベントが開催されました。

そして、2017年には修復工事が
始まる予定です。

そのため観光するなら
今年のうちに足を運んでおくのが
ベストです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ベルギーのゲントにある聖ミヒエル橋
EU本部も入るブリュッセルのベルレモン(建物)
アントワープのダイヤモンド販売店

世界のダイヤモンドの 研磨・取引の中枢である アントワープには、 中央駅を出て1 …

ブリュッセルのビーエス40
ハインケル・カビーネのT153 S

ドイツのハインケル航空機 製造会社が設計した バブルカーと呼ばれる ジャンルの自 …

フェラーリ Ferrari 275 LM
ブルージュのホテル ドゥ チュイルリーエン

立地に関しては文句の付けようがない ブルージュの運河沿いにある スモール ラグジ …

アビル・グリマエルの油彩画「四季」

その昔、人々は今日よりも はるかに自然を取り入れた 暮らしをしていました。 その …

ブルージュのレストラン T Schrijverke
油彩のスケッチ画

より大きな作品や 他の作品を描く際の 練習として書かれた 小さな油彩画。 また、 …