世界遺産巡り 海外旅行写真集

見れば見るほど、あなたの世界観が激変する写真が盛りだくさん!

*

アントワープの市庁舎

   


11561年から1565年にかけて建築された
アントワープの市庁舎。

この建物の建築にはイタリア人が
参加したために、

この地方では当時は例のなかった
イタリア&フランドル・ルネッサンス様式
という特徴的な様式で建てられました。

鐘楼の部分は
「フランドル地方とワロン地方の鐘楼群」

のひとつとしてユネスコの
世界遺産に登録されています。

ちなみに、2015年2月28日から1年間
アントワープ市庁舎450周年を記念して

『アントワープ市庁舎450周年記念展』
などのイベントが開催されました。

そして、2017年には修復工事が
始まる予定です。

そのため観光するなら
今年のうちに足を運んでおくのが
ベストです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アンソニー・ヴァン・ダイクの油彩画

この肖像画は、合計7人の ブリュッセル治安治安判事の 等身大絵画に取り組む前に、 …

ブルージュの日本料理レストラン「たぬき」

ブルージュの町を 散策していたら 見つけた日本語。 「日本料理 たぬき」 と書か …

ジェイコブ・バン・ユトレヒトの油彩画
アントワープの肉屋のギルドハウス
アントワープの市庁舎
ブルージュの州庁舎
キャデラック シリーズ62 コンバーチブル

アメリカの自動車メーカーである ゼネラルモーターズが展開する キャデラック。 そ …

ブルージュのレストラン Gruuthuse Hof
アダム・デ・コスターの油彩画

燃えているロウソクを 持っている人が 絵の鑑賞者である 私たちに視線を 向けてお …

ブルージュのレストラン Kasteel Minnewater