世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ミュンヘンのレジテンツ宝物館

   


DSC01381ミュンヘンにやってきたのなら
絶対に足を運んでおきたいのが

レジデンツ

ここは、バイエルン王家である
ヴィッテルスバッハ家の本宮殿。

建築が始まったのは1385年ですが
ヨーロッパは、その時代ごとに流行の
様式を取り入れて増改築が行われる
事が普通のため

ルネッサンス
バロック
ロココ

など、かなり複合的な要素が詰まった
構造をしているのが特徴です。

あの

ナポレオン
モーツァルト
ゲーテ

も、このレジデンツに足を運び
その華麗な宮廷に驚嘆したようです。

このレジデンツが博物館として
一般公開されたのは

バイエルン最後の王である
ルートヴィヒ3世が退位して

王政が崩壊した1918年の2年後の
1920年からになります。

ミュンヘンも第二次世界大戦で
空爆の被害を受けましたが

建物の損傷はあったものの
館内の美術品は保護されていたので
無事に現代へと伝わる形となりました。

レジデンツ内ですが、さすがは
ヴィッテルスバッハ家の本宮殿
だっただけあり、かなり広いです。

大きく分けると

レジデンツ博物館
レジデンツ宝物館

の二つがあり、入場チケットも
それぞれで必要になりますが

両方とも足を運ぶなら、2枚セットの
コンビチケットを買った方がお得です。

チケット売り場では、オーディオガイドの
案内もされますが、残念ながら日本語版は
ありませんでした。

あと、コートやバッグなどはクロークに
預ける形となるので、なるべく身軽に
行った方がいいです。

写真は、フラッシュと三脚を使用しなければ
撮影が許可されています。

DSC01383では、さっそくレジデンツ宝物館を
見ていきましょう。

DSC01384といっても、解説がないと、なんだか
よく分かりませんよね。

個人旅行は、この点ツアー旅行に劣ります。

英語版でもいいから、オーディオガイドを
借りればよかったかも。

真ん中に十字架があることを考えると
宗教的なアイテムっぽいですね、これは。

DSC01385870-890年と記載あり。

DSC01386これとか木製だと思いますが
ほんと、手の込んだ造りをしています。

年代は1500年頃のもの。

巡礼者の方とかは、移動中は教会に
立ち寄ることが困難な事もあるため

このような、持ち歩ける小さな教会
みたいなアイテムは、博物館に行くと
多く見ることができます。

DSC01387ダイヤモンドは永遠の輝き。

何百年前のものかは、分かりませんが
今でも色あせぬことはありません。

DSC01388

DSC013891575年製。

DSC01391ジュエリー製の白馬の騎士。
1630年頃のものです。

DSC01392小さな祭壇。

DSC01393裏側も手を抜いていません。

DSC01394黄金のサーベル。

DSC01395王冠。

DSC01396勲章の数々。

DSC01397ダイヤが無数に使用されています。

DSC01399食器類。

DSC01400このお皿とか装飾がすごいですね。

DSC01401上のものと似ているけど、
よく見ると違います。

DSC01402これ何だろう?

小さい扉がいくつかあることを
考えると、収納棚かもしれないですね。

DSC01403宝物館も見ごたえあると思うんですが
別料金だし、みんなメインの博物館に
足を運んでいるのか、ガラガラです。

しかし、貸切状態で見学できるから
ありがたい。

DSC01404豪華な装飾が施されたテーブル。

DSC01406これ昔の時計っぽいですね。

この時代に電池なんてあるわけ
ないから、おそらく手巻きの
ゼンマイ式。

付属のカギみたいので
グルグル巻くのだと思います。

DSC01407トルコ石が惜しみなく
散りばめられたお皿。

DSC01408見た感じ、木製ではなく鼈甲製の
バイオリン。

どんな音が鳴るのか気になる。

DSC01410このクシは装飾が豪華。
素材は何だろう・・・

1243-1245年にプラスチック
なんてあるわけないし、

まさか象牙とかだったら
今や貴重な品です。

何か所か折れているのが残念。

DSC01409持ち運べる食器セット。

ピクニックとかに使用して
いたのかもしれませんね。

DSC01411以上で宝物館に展示されていた品々の
紹介を終えたいと思います。

今回紹介した宝物は、ごく一部。

館内には、まだまだ多くの見ごたえある
宝物が展示されています。

レジデンツに足を運んでも、付随の
宝物館には足を運ぶ人は少ないようですが

せっかく日本から遠く離れたミュンヘンに
行ったのなら、絶対に見逃せないスポット。

第二次世界大戦の戦火をくぐり抜けた
貴重な品々が展示されている宝物館は
オススメです。

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

Schüttoff Gespann バイク

製造年:1935年 パワー:35PS 排気量:350cc 1909年に、Arth …

カール・ホーファー作の「盲目の男性と女性」

ドイツの画家である カール・ホーファー (1878-1955)が、 1943年に …

マールブルクのグリム童話関連のモニュメント

ドイツのメルヘン街道の町の ひとつであるマールブルク。 マールブルク大学に通うた …

KPMベルリンの工房とショップ

ドイツを代表する 陶磁器ブランドのKPM。 1763年創立の歴史ある ブランドで …

ロヒール・ファン・デル・ウェイデン作の「聖母マリア」

初期フランドル派の画家である ロヒール・ファン・デル・ウェイデン (1399/1 …

MV アグスタ 125TR

製造年:1955年 パワー:6.5PS 排気量:125cc エンジン:単気筒 元 …

ポルシェ915 ピニンファリーナ ホルツモデル

製造年:1969年 1969年から開発が始まった 911よりも長いホイールベース …

マルク・シャガール作の「The Holy Cabman」

フランスの画家である マルク・シャガール (1887-1985)が、 1911年 …

フレスコ画に彩られた村「オーバーアマガウ」

外壁にフレスコ画が 描かれた家々で有名な オーバーアマガウ フレスコ画のテーマは …

ハーキュレス K 125 BW

製造年:1972年 パワー:12.5PS 排気量:123cc ハーキュレスのK1 …