世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

カール・エンゲル・フォン・デア・ラベナウ作の「家族の肖像画」

   


ドイツの画家である
カール・エンゲル・フォン・デア・ラベナウ
(1817-1870)が、

1840年に描いた作品の
「家族の肖像画」

ヴィルヘルム・デブスの家族が
集まっている作品となります。

右側の女性は、絵の作成時には
すでに亡くなっていた
彼の妻になります。

妻の左側には2人の娘、
次に姉妹とデブスの
叔母がいます。

当時、ウィルヘルム・デブスは
上級税務顧問であり、

とりわけ幾何学者で
あったため、

大公国の地籍制度の
設立に関与していました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

DKW RT 175 VS
ヴュルツブルクのレジデンツ

ヴュルツブルクのレジデンツ。 ユネスコの世界文化遺産にも 登録されているため 観 …

シュヴェービッシュ・ハル

中世に塩で栄えた街 シュヴェービッシュ・ハル 中世の面影を残す町並みは 物語に出 …

ミッヒェルシュタットのコメルツ銀行

マルクト広場に面する 形で建っている ドイツのメガバングである コメルツ銀行の …

セザンヌ作のロッキー山脈の山道と木
レオンハルト・ガンバス
パルミジャニーノ作の「天使と女性の殉教者」
ポルシェ 356 クーペ フェルディナント
メルセデスベンツ 540K
フェルディナント・ホドラー作の「子供時代」