世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

カール・エンゲル・フォン・デア・ラベナウ作の「家族の肖像画」

   


ドイツの画家である
カール・エンゲル・フォン・デア・ラベナウ
(1817-1870)が、

1840年に描いた作品の
「家族の肖像画」

ヴィルヘルム・デブスの家族が
集まっている作品となります。

右側の女性は、絵の作成時には
すでに亡くなっていた
彼の妻になります。

妻の左側には2人の娘、
次に姉妹とデブスの
叔母がいます。

当時、ウィルヘルム・デブスは
上級税務顧問であり、

とりわけ幾何学者で
あったため、

大公国の地籍制度の
設立に関与していました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ニュルンベルクの職人広場

中世の街並みが再現されたこのエリアは 職人広場 と呼ばれています。 ドイツらしい …

ホーファールト・フリンク作の「紳士の肖像画」
ロヒール・ファン・デル・ウェイデン作の「聖母マリア」
クロンベルクの金融コンサルタント

クロンベルクの ベルリナー広場に面する 長くて印象的な この建物ですが、 保険な …

フランツ・マルク作の「雪の上に横たわる犬」
ロヴィス・コリント作の「冬のヴァルヒェン湖」
メルセデスベンツ G4
ウルムのシーフェス・ハウス(傾いた家)

ウルムの漁師の一角の エリアで、 最も古く有名な家の シーフェス・ハウス (傾い …

ポルシェ タイプ64
BMW R1200C