世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

カール・エンゲル・フォン・デア・ラベナウ作の「家族の肖像画」

   


ドイツの画家である
カール・エンゲル・フォン・デア・ラベナウ
(1817-1870)が、

1840年に描いた作品の
「家族の肖像画」

ヴィルヘルム・デブスの家族が
集まっている作品となります。

右側の女性は、絵の作成時には
すでに亡くなっていた
彼の妻になります。

妻の左側には2人の娘、
次に姉妹とデブスの
叔母がいます。

当時、ウィルヘルム・デブスは
上級税務顧問であり、

とりわけ幾何学者で
あったため、

大公国の地籍制度の
設立に関与していました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ダルムシュタットのマチルダの丘

ダルムシュタットの町の中心部は 第二次世界大戦の空爆で 多大な被害を受けたために …

ニュルンベルクのショッピングエリア「カロリーネン通り」

この通りはニュルンベルクの歩行者天国 カロリーネン通り 日本でもお馴染みのブラン …

マックス・リーバーマン作の「織工」
カタリーナ・トロイ作の「果物のかけら」
モホリ=ナジ・ラースロー作の「コンストラクション」
パウラ・モーダーゾーン=ベッカー作の「少女」
シボレー コルベット スティングレー
リンブルクのホテル ウィーン ハウス イージー リンブルク
ハイデルベルクの哲学者の道を歩く

よく旅行会社のパンフレットや 旅行のガイドブックに載っている ハイデルベルクの写 …

ヴィリー・バウマイスター作の「幾何学的なフローティングフォーム」