世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

白鳥とイノシシの黒絵式アラバストロン

   


紀元前600年頃のものと
考えられている黒絵式の
アラバストロン。

黒絵式は、紀元前7世紀から
作られた古代ギリシア陶器の
壺絵の技法の一つで、

展示作品には白鳥と
イノシシが描かれています。

アラバストロンは
古代の陶器の一種で、

主に香油やマッサージ用油の
容器として使われました。

多くのアラバストロンは
ほっそりしていて底が丸く、

首の部分が細くなっていて、
口は丸く広がっています。

また取っ手がないことも
多いです。

この観点から展示されている
出土品は典型的な

アラバストロンの
デザインと言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

BMW R75 サイドカー付きバイク
マイバッハ SW38
ハノーマグ トラクター R45
マクリノ・ダルバ作の「三連祭壇画」
Kryapp 210
ピーター・ヤンセン・エリンガ作の「画家や読書する女性、メイドのいる家」
シャルロッテンブルク宮殿の書斎

白い塗装が施された 木製のパネルに、 金色の装飾が施された 壁が印象的な書斎。 …

1955年式 メルセデスベンツ 300SL クーペ
クロンベルクのイベント会場「Stadthalle Kronberg」
カール・ホーファー作の「盲目の男性と女性」