世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

白鳥とイノシシの黒絵式アラバストロン

   


紀元前600年頃のものと
考えられている黒絵式の
アラバストロン。

黒絵式は、紀元前7世紀から
作られた古代ギリシア陶器の
壺絵の技法の一つで、

展示作品には白鳥と
イノシシが描かれています。

アラバストロンは
古代の陶器の一種で、

主に香油やマッサージ用油の
容器として使われました。

多くのアラバストロンは
ほっそりしていて底が丸く、

首の部分が細くなっていて、
口は丸く広がっています。

また取っ手がないことも
多いです。

この観点から展示されている
出土品は典型的な

アラバストロンの
デザインと言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

旧市街の看板

ドイツの町を歩いていると、 趣向を凝らした芸術作品とも いえるような看板を、 数 …

初期フランドル派の三連祭壇画
フランクフルトの無印良品

海外で漢字を見つけると、ついつい 撮影をしてしまうというか、なんというか フラン …

1937年 メルセデスベンツ 540K コンバーチブルB
ポルシェ 550 スパイダー
ポルシェ スタディ C88
ライプツィヒのゲヴァントハウス

オーケストラの ゲヴァントハウス管弦楽団の 本拠地であるゲヴァントハウス。 現在 …

BMW モータークーペー イセッタ 300
1965年式 メルセデスベンツ L406 パネルバン
BMW 3/15 PS DA-1