世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

シャルロッテンブルク宮殿の古い調度品のある部屋

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

1710年からある暖炉が
今もオリジナルの状態で
残っている部屋になります。

現在の調度品は、
ベルリン中央部にあった

モンビジュー宮殿を
参考にしています。

モデルとなったモンビジュー宮殿は、
王女のソフィー・ドロシアが

亡くなる1757年まで
拡張工事が続けられました。

その後、1877年からは
第二次世界大戦でダメージを受けるまで
博物館として利用されます。

終戦後、モンビジュー宮殿は
再建される事なく

1959年に東ベルリンの
共産主義当局によって
完全に破壊され

現在、宮殿があった跡地は
公園となっています。

そのため、モンビジュー宮殿の
調度品を参考にしているこの部屋は

当時のデザインを知る上で
重要な一室と言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

アシャッフェンブルクの聖母教会
ハイデルベルクの聖霊教会

ハイデルベルクのマルクト広場で ひときわ目立つのがこちらの 「聖霊教会」 ここか …

1962年式 メルセデスベンツ 300SL ロードスター
BMW 3/15 PS DA-3
ドイツの電車 ICE 3
ポルシェ 944 ターボカップ
電気機関車 EP5(E 52)
ベンツのトレードマークが誕生
マインツの古代ローマ劇場跡

駅のホームから見える場所にある マインツの古代ローマ劇場跡。 ちなみに駅名は、 …

1979年式 メルセデスベンツ L409 クルーキャブ付きピックアップ