世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ライプツィヒの三位一体教会

   


1847年に建てられたのが
始まりの三位一体教会ですが、

残念ながら最初の建物は
第二次世界大戦の空爆で
破壊されてしまいました。

そのため、戦後になってから
1982年に2世代目の教会が
建てられます。

しかし、この建物は完成から
数年後に構造上の欠陥が
見つかったため、

2015年になって
3世代目となる

現在の建物が
建てられました。

この教会は、2016年に
開催された世界建築祭で、

「宗教建築賞」を
受賞しました。

モダンな外観の教会には
司教のための住居に加え、

ゲスト用のアパートも
備わっているそうです。


▼アクセス


あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

1944年式 メルセデスベンツ DB603 航空機エンジン
ニュルンベルクのフラウエントーア塔

城壁で囲まれたニュルンベルクの町の 見張り台である 「フラウエントーア塔」 高さ …

ポルシェ タイプ804
ミュンヘンを流れるイーザル川

ミュンヘンの街には中心部の 少し外れに川が流れていますが この川は オーストリア …

貨物列車の機関車 Preuß G3 ザールブリュッケン 3143
マインツの大聖堂

マインツは、ライン川とマイン川の 合流地点に位置する町。 8世紀には、ここマイン …

ディルク・ボウツ作の「ティブルのシビュラの予言」
ポルシェ 911 SC カレラ
パブロ・ピカソ作の「フェルナンド・オリビエの肖像画」
フランクフルトのDreikönigskirche(ドライケーニッヒ教会)