世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ケルンの聖アンドレアス教会

   


974年に建てられたのが始まりの
歴史ある聖アンドレアス教会。

その後、増改築が繰り返されて
現代のような姿になりましたが

第二次世界大戦の空襲で
教会は被害を受けてしまいます。

そのため戦後になってから
一度、復元されています。

また、1992年から1997年にかけて
内装と外装ともに修復が入っています。

そのため、非常に綺麗な
外観をしています。

教会内に残る中世の貴重な絵画は
空襲を受けたにも関わらず
奇跡的に無事だったようです。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ダイムラーの消防車

初めてガソリンエンジンを 搭載した1892年製の消防車。 といっても自走する 消 …

BMW R75/5
ギーセンの福音教会 Johanneskirche

高さ72メートルもの尖塔が 印象的な福音教会。 その高さゆえにギーセンの町の 至 …

1955年式 メルセデスベンツ W196R 2.5リッター レーシングカー
ニュルンベルクの職人広場

中世の街並みが再現されたこのエリアは 職人広場 と呼ばれています。 ドイツらしい …

ローテンブルクのヘルン通り

ローテンブルクで一番横幅のある 広い通りが、ここ「ヘルン通り」 この通りの両側に …

ウルムの大聖堂
ダルムシュタットの観光

ダルムシュタットは第二次世界大戦の 空爆で大きな被害を受けて 戦後に、ほとんどの …

ポルシェ 914/8
1915年式 メルセデス DIII 航空機エンジン