世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ゲラルド・スタルニーナ作の「受胎告知」

   


イタリアの画家である
ゲラルド・スタルニーナ
(1360-1413)が、

1404年-1407年に
描いた絵画の
「受胎告知」

受胎告知は、キリスト教の
聖典である新約聖書に

書かれている
エピソードの1つで、

処女マリアの元に
天使ガブリエルが
やってきて、

マリアが聖霊によって
キリストを妊娠したことを告げ、

マリアがそれを
受け入れることを
告げる出来事です。

ゲラルドのみならず
あのダヴィンチなど

数多くのアーティストが
受胎告知を作品のテーマに
しています。

美術館は1890年に
この作品を入手し
現在に至ります。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ベルリンの赤の市庁舎

市長とベルリン市の行政組織の 本拠地である赤の市庁舎。 赤い硬質煉瓦を使っている …

デロリアン DMC
ミュンヘンのカールス広場とカールス門

目の前の広場はカールス広場 と呼ばれています。 しかし、ご覧のように車がガンガン …

赤像式のスキュポス
フォード モデルT スピードスター
ミュンヘンのマクシミリアン通り

こちらはミュンヘンのマクシミリアン通り にある日本でもお馴染みの ルイ・ヴィトン …

キャデラック エルドラド
ケルンのホーエンツォレルン橋
Carnielli 持ち運びバイク
マックス・ベックマン作の「肖像画」