世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

エドガー・エンデ作の「コンソールの下」

   


ドイツの画家である
エドガー・エンデ
(1901-1965)が、

1933年に描いた油彩画の
「コンソールの下」

灰色の砂漠の風景、
遠くまで伸びる赤い線、

コンソールの下に
大勢の裸の人物がうずくまり、

そのうちの一人は、
遠くの円柱形のオブジェを
指差しています。

シュルレアリスムの
画家に分類される彼の絵画は
不思議な世界感があり、

展示作品に関しては、
絶望の縮図を表現していると
されていますが、

作品の正解な意味は
不明となっています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ポルシェ 911 カレラ RS 2.7 クーペ
マイセンのフラウエン教会

時計台の部分にマイセン磁器の グロッケンシュピール(組鐘) を持った マルクト広 …

マインツの古代ローマ劇場跡

駅のホームから見える場所にある マインツの古代ローマ劇場跡。 ちなみに駅名は、 …

BMWのF1エンジン P84/5
ヴュルツブルクのノイミュンスター教会

こちらは、ヴュルツブルクの守護聖人である 聖キリアン の墓の上に、11世紀になっ …

シボレー コルベット C5/Z06
マールブルクのグリム童話関連のモニュメント

ドイツのメルヘン街道の町の ひとつであるマールブルク。 マールブルク大学に通うた …

ミシュラン2つ星レストラン「ローレンツ・アドロン・エスツィマー」

夕暮れ時から夜となる時間帯に ベルリンのブランデンブルク門を見ながら 食事ができ …

2016年 メルセデス AMG GT3
フランドル画家の作品「パンを持つ少年」