世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

エドガー・エンデ作の「コンソールの下」

   


ドイツの画家である
エドガー・エンデ
(1901-1965)が、

1933年に描いた油彩画の
「コンソールの下」

灰色の砂漠の風景、
遠くまで伸びる赤い線、

コンソールの下に
大勢の裸の人物がうずくまり、

そのうちの一人は、
遠くの円柱形のオブジェを
指差しています。

シュルレアリスムの
画家に分類される彼の絵画は
不思議な世界感があり、

展示作品に関しては、
絶望の縮図を表現していると
されていますが、

作品の正解な意味は
不明となっています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ハン・ミュンデンの城門跡

ドイツのヴェーザー川沿いにある 小さな町のハン・ミュンデンで 見つけた城門。 い …

ローテンブルクのコーポルツェラー門

タウバー河からの昇り道の 防御を目的として建てられた 「コーポルツェラー門」 門 …

シャルロッテンブルク宮殿のタペストリーの間

ルイ15世から贈られた タペストリーが 壁に掛けられている 第一のタペストリーの …

BMW C650GT

ミュンヘンのBMW本社の ショールームに展示されていた BMW C650GT。 …

BMWのエンジン M49

ドイツのメーカーであるBMWが 1974年から1976年にかけて 生産したエンジ …

ケルンのマルクト広場

ケルンの市庁舎前の マルクト広場。 ケルンのみならず ヨーロッパの旧市街には 広 …

ジャガー Dタイプ

製造年:1954年 パワー:253PS 排気量:3400cc エンジン:6気筒 …

ハンブルクのキャプ・サン・ディエゴ号

1960年代に高速貨物船として 南大西洋で活躍した キャプ・サン・ディエゴ号。 …

ニコラ・プッサン作の「ピュラモスとティスベのいる風景」

フランスの画家である ニコラ・プッサン (1594-1665)が、 1651年に …

フランクフルトのアルテ・オペラ

フランクフルトの都市部を歩いていると 町の一角にルネッサンス風の建物が 見えてき …