世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

エドガー・エンデ作の「コンソールの下」

   


ドイツの画家である
エドガー・エンデ
(1901-1965)が、

1933年に描いた油彩画の
「コンソールの下」

灰色の砂漠の風景、
遠くまで伸びる赤い線、

コンソールの下に
大勢の裸の人物がうずくまり、

そのうちの一人は、
遠くの円柱形のオブジェを
指差しています。

シュルレアリスムの
画家に分類される彼の絵画は
不思議な世界感があり、

展示作品に関しては、
絶望の縮図を表現していると
されていますが、

作品の正解な意味は
不明となっています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

電気機関車 E 69 02
ドレスデンのツヴィンガー宮殿

ザクセン王国の栄華を伝える ツヴィンガー宮殿。 建物内は有料の博物館と なってい …

BMW R1200C
MV アグスタ スクランブラー
ベルリンの旧ナショナルギャラリー
ハンブルクの倉庫街
ベルリンのパノラマプンクト
リューデスハイムのワイン専門店「プロストワインハンデル」

日本人のスタッフが 働いているため 日本語の案内版があるなど 日本語の通じるワイ …

リューデスハイムのニーダーヴァルト記念碑
カスパー・シュナイダー作の「月明かりによる森の風景」