世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

パウル・クレー作の「子羊」

   


スイスの画家である
パウル・クレー
(1879-1940)が、

1920年に描いた作品の
「子羊」

この作品はキャンバスではなく
カードボードにペンとインクで
描かれています。

まるで迷子の子供のように
カラフルな模様の世界を

歩いている子羊が
印象的です。

また、頭の上の十字架は、
神の子羊を連想させますが、

これは、キリストの犠牲的な
死を象徴しています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ポルシェ 944 カブリオレ
2000年式 メルセデスベンツ C220 CDI パトカー
ロマンチック街道の終点
1992年式 メルセデス 814 リカバリートラック
パブロ・ピカソ作の「フェルナンド・オリビエの肖像画」
シャルロッテンブルク宮殿のエトルリアの間

この部屋のインテリアは、 当時、発見されたばかりの 古代エトルリアの芸術を 参考 …

マンハイムの給水塔
アルフレッド・レーテル作のマーティンスワンド山からマクシミリアン皇帝を救う守護天使
ハイデルベルクの騎士の家 ツム・リッター・ザンクト・ゲオルク

現在、ハイデルベルクに残る民家として 一番古いのが、この建物 「騎士の家」 (ツ …

ノーム エ ローヌのバイク AX2