世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

パウル・クレー作の「子羊」

   


スイスの画家である
パウル・クレー
(1879-1940)が、

1920年に描いた作品の
「子羊」

この作品はキャンバスではなく
カードボードにペンとインクで
描かれています。

まるで迷子の子供のように
カラフルな模様の世界を

歩いている子羊が
印象的です。

また、頭の上の十字架は、
神の子羊を連想させますが、

これは、キリストの犠牲的な
死を象徴しています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

BRM P160
ライプツィヒの三位一体教会
ポルシェ タイプ597 水陸両用車 ヤクトワーゲン
ダルムシュタットのヘッセン州立博物館
ヨーロッパの修復工事

ミュンヘンの目抜き通りである ノイハウザー通りに面した建物。 よ~く見ると足場が …

シボレー インパラ コンバーチブル
イトシュタインの宝石店「Uhrmachermeister + Juwelier M. Blome」
エアフルトの福音教会

詳しい事は分かっていませんが、 8世紀にフリジアの貿易業者によって 設立されたと …

ハーキュレス K125 BW
ヴォルムスのルター公園

ヴォルムスの町の 中心部にあるルター公園。 ヴォルムスの駅周辺は 建物が多く緑が …