世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

1902年式 メルセデス シンプレックス 40PS

   


35馬力モデルの後継車として
マイバッハによって設計された

1902年製のメルセデスの
シンプレックス。

40馬力を発揮する
エンジンを搭載した
車となりますが、

博物館の展示車両は
現存する個体としては
最も古い車両だそうです。

車体名のシンプレクスは、
容易に取扱いができる
車との意味が込められていますが、

現代の車しか運転経験のない
人間からしたら、

非常に複雑な印象を
受ける運転席。

スペアタイヤを2本装備。


▼スペック
4気筒 6785cc
40馬力 1100回転
最高速 80km/h

▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ハンブルクのキャプ・サン・ディエゴ号
リンブルクのホテル ウィーン ハウス イージー リンブルク

ドイツのリンブルク中央駅から 徒歩10分位の場所にあるホテル ウィーン ハウス …

ハイデルベルクのイエズス教会

ハイデルベルクの旧市街には いくつか教会がありますが 写真は1749年に完成した …

ポルシェ ケイマン ハイブリッド プロトタイプ
プロイセンの機関車 T18 78 510
ポルシェ マカン GTS
1994年式 メルセデスベンツ 500I インディカー用エンジン
ミュンヘンの聖霊教会

こちらは14世紀頃に建てられた ミュンヘンの聖霊教会になります。 しかし、完全オ …

ドレスデンからマイセンへのドイツ鉄道の電車での行き方と時間と料金

ドレスデンの中央駅から マイセン陶器で有名な マイセンへの行き方ですが、 この区 …

BMWの飛行機用エンジン IV