世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

カミーユ・コロー作の早朝の山の景色

   


フランスの画家である
カミーユ・コローが
(1796-1875)

1826-27年に描いた油彩画の
早朝の山の景色。

カミーユは、後の印象派の
画家に影響を与えた人物で、

パリ万国博覧会の際は、
6点の作品を出品し

グランプリも
獲得しました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

マーズ A20
ヴォルムスの福音教会
ヨハン・デビッド・パサヴァント作の自画像
ローテンブルクの肉館・舞踏館とヤークストハイマーハウス
エドガー・エンデ作の「コンソールの下」
ニュルンベルクの聖ローレンツ教会
ケルンのミュージカルドーム

ケルン中央駅を出て 目の前にあるイベント会場の ミュージカルドーム。 非常に特徴 …

シャルロッテンブルク宮殿の勉強部屋
クリスティアン・ゲオルク・シュッツ作の「アシャッフェンブルクの風景」
ウィルヘルム・フレディー作の「祖国のために」