世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ルーベンスの油彩画「アダムとイブ」

   


1598年のルーベンスの
製作活動については
ほとんど知られていませんが、

彼が芸術家としての
地位を確立した年であり、

1600年には、イタリアへ
出発する事になりました。

展示されているのは
アダムとイブを描いた
作品ですが、

ルーベンスが描いた
当時の現存する数少ない
絵画の一つです。

この作品は、彼が最も影響を
受けた師匠である

オットー・ファン・フェーンから
学んだ方法が見られる絵画で、

緑と青の涼しげな色相は
ファン・フェーンを
連想させます。

イタリアで過ごした後、
ルーベンスの表現スタイルは
独自のものが確立され、

色彩などは、より豊かに
なりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ジープ ウイリスMB
ルーベンスが描いた教会の油彩画

17世紀の南部オランダの 宗教事情として、 プロテスタント主義との 闘いが絶えな …

アントワープのネロとパトラッシュのモニュメント

フランダースの犬の 最後のシーンで、 ネロが見たルーベンスの 絵画が展示されてい …

ブルージュの市庁舎

ベルギーの人気観光地である ブルージュのブルグ広場には ゴシック様式の豪華な装飾 …

ダラック(Darracq)のタイプTT13
アンソニー・ヴァン・ダイクの肖像画

アンソニー・ヴァン・ダイクは ルーベンスのアシスタントを 努めた画家の中では、 …

ベスパ 150 スプリント

イタリアのバイクブランドである ベスパが1965年に製造したスクーター。 単気筒 …

スチュードベーカーのタイプAA
ブルージュのハイデンフェッタース広場

古い建物を利用したレストランや ホテル、お土産店が建ち並ぶ ハイデンフェッタース …

ホテル イビス ブリュッセル グランプラス

屋根の階段状の造りが 昔のギルドハウスを 思わせますが こちらは、ブリュッセルの …