世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ルーベンスの油彩画「アダムとイブ」

   


1598年のルーベンスの
製作活動については
ほとんど知られていませんが、

彼が芸術家としての
地位を確立した年であり、

1600年には、イタリアへ
出発する事になりました。

展示されているのは
アダムとイブを描いた
作品ですが、

ルーベンスが描いた
当時の現存する数少ない
絵画の一つです。

この作品は、彼が最も影響を
受けた師匠である

オットー・ファン・フェーンから
学んだ方法が見られる絵画で、

緑と青の涼しげな色相は
ファン・フェーンを
連想させます。

イタリアで過ごした後、
ルーベンスの表現スタイルは
独自のものが確立され、

色彩などは、より豊かに
なりました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ブリュッセルのギャルリー・サン・チュベール

雨が降っても濡れずに 買い物を楽しむ事ができる ショッピングアーケードの ギャル …

ルーベンスが描いたヤン・ウィルデンスの肖像画

ルーベンスが何度か コラボレーションした事のある アントワープの風景画家、 ヤン …

アントワープのステーン城
ブルージュのレストラン Gruuthuse Hof
フェラーリ Ferrari 328GT Conciso
プジョーのVD2 クーペ
フェラーリ Ferrari 308GTS
ヤン・ブリューゲルの油彩画

ヤン・ブリューゲルは ルーベンスと同様に、 アントワープで著名な 画家の一人でし …

ベルギーのアントワープにあるステーン城
アントワープのルーベンスの家

画家として成功したほか、 7ヵ国語を話すことができて 外交官としても活躍した ル …