世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

ポルシェミュージアムに展示されていた飛行機用エンジン

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

製造年:1912年
エンジン:直列6気筒
パワー:120PS

シュトゥットガルトの
ポルシェミュージアムに

展示されていた
飛行機用のエンジン。

これがどういうものなのか
博物館の解説プレートを読めば

説明があるものだと
普通は思います。

しかし、ポルシェ博物館に限らず
ドイツの博物館は、

展示の品に対する解説が
ない場合が多く、

時代背景に関する事が
書かれているだけだったりと、
困る事が多いです。

ドイツ語と英語の併記で
英語を訳しましたが、
大体こんな意味でしょう。

以下プレートの訳です。

オーストリア皇帝の
フランツ・ジョセフは、

第一次世界大戦前の
数年間に渡り、

製造メーカーの
アウストロ・ダイムラーが

皇帝の飛行機に対する
熱意に敬意を払い

皇帝の名で航空イベントを
開催した事を喜びました。

このイベントで、
最も高い評価を得たのは

アウストロ・ダイムラーの
チーフエンジニアであった
フェルディナンド・ポルシェです。

彼は、ポルシェKGによって
数十年が経過した後も

開発が続けられている
パワフルな

4気筒
6気筒
9気筒
12気筒

の航空機エンジンの
開発担当でした。

1917年に、フェルディナンド・ポルシェは
航空学における彼の功績が評価されて
名誉博士号を受賞しました。

後に立ちあげられた
アウストロ・ダイムラーの
自動車部門では、

軍との協力により
軍用自動車の開発も
始められました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

シャルロッテンブルク宮殿の勉強部屋
ウルムの城壁歩き

中世以来ドナウの 水運で栄えたウルム。 ドナウ川沿いには 城壁の一部が残っており …

ハイデルベルク城のオットーハインリッヒ館

正面の彫像が配置されている建物は オットー・ハインリッヒ館 と呼ばれる プファル …

BMW 3/15 PS
1979年式 メルセデスベンツ O 303 ツーリングコーチ
フランクフルトのドイツ銀行ツインタワー

フランクフルトの街を歩いていて 目に飛び込んできたのが ミラーガラス張りの高層ビ …

ドレスデンのプラーガー通り

ドレスデンの中央駅から旧市街へと 続く道のプラーガー通り。 ここは新市街というか …

ミュンヘンのオリンピック塔
2000年式 メルセデスベンツ C220 CDI パトカー
ハイデルベルク城の橋楼と城門塔

ハイデルベルク城の橋楼と 呼ばれる門。 この先は入場料が 必要になります。 ケー …