世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿の東インド更紗部屋

   


伯爵フォン・リヒテナウが
1796年にリヴォルノで生地を
入手した後、

壁紙をインド起源の更紗(さらさ)に
張り替えてから

「東インド更紗部屋」
と呼ばれるようになった一室。

壁と天井を覆う生地は
非常に繊細で見ごたえのある
模様をしています。

暖炉には当時のオリジナルの
生地が残っていますが、

壁と天井を覆う生地については
2009年から2010年にかけて
新しく張り替えられました。

この部屋を一番最初に使用したのは
フリードリヒ・ヴィルヘルム2世ですが、

壁紙が樹木柄で、室内にいながら
まるで庭にいるかのような感覚に

浸ることができると
当時は評判があったため、

さらに本格的にするために
この部屋で本物の鳥が
飼われたそうです。

しかし、ルイーズ女王は
これが気に入らなかったのか、

後に、鳥かごと止まり木を
撤去してしまいました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ARO M461C
BMW R7 プロトタイプ
フランクフルトのアルテ・オペラ

フランクフルトの都市部を歩いていると 町の一角にルネッサンス風の建物が 見えてき …

ポルシェ トラクター スタンダード 218
ダッジ コロネット
ドイツの電車 ICE 3
ドイツのフランクフルトで海外SIMを購入する方法

ドイツ国内では ・スーパー ・電気屋 ・携帯ショップ ・空港(便利な分、高いので …

対空機関砲 2cm Flak Typ 38
ドラッグスター フロントエンジン
1992年式 メルセデス 814 リカバリートラック