世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

シャルロッテンブルク宮殿の東インド更紗部屋

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

伯爵フォン・リヒテナウが
1796年にリヴォルノで生地を
入手した後、

壁紙をインド起源の更紗(さらさ)に
張り替えてから

「東インド更紗部屋」
と呼ばれるようになった一室。

壁と天井を覆う生地は
非常に繊細で見ごたえのある
模様をしています。

暖炉には当時のオリジナルの
生地が残っていますが、

壁と天井を覆う生地については
2009年から2010年にかけて
新しく張り替えられました。

この部屋を一番最初に使用したのは
フリードリヒ・ヴィルヘルム2世ですが、

壁紙が樹木柄で、室内にいながら
まるで庭にいるかのような感覚に

浸ることができると
当時は評判があったため、

さらに本格的にするために
この部屋で本物の鳥が
飼われたそうです。

しかし、ルイーズ女王は
これが気に入らなかったのか、

後に、鳥かごと止まり木を
撤去してしまいました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

1868年製 旅客車両

初期のドイツ鉄道の 旅客車両というのは、 完全個室スタイルの コンパートメントカ …

ダルムシュタットの観光

ダルムシュタットは第二次世界大戦の 空爆で大きな被害を受けて 戦後に、ほとんどの …

ベルリンのアレクサンダー広場のクリスマスマーケット

ベルリンのアレクサンダー広場駅を 出て目の前で開催されている クリスマスマーケッ …

ドレスデンのカトリック旧宮廷教会

屋根の上に聖人の石像が立ち並ぶ カトリック旧宮廷教会。 全部で78体もの聖人石像 …

フランクフルトのゲーテハウスとゲーテ博物館

フランクフルトで生まれ フランクフルトで洗礼を受け フランクフルトで後世にまで …

シャルロッテンブルク宮殿の書斎
BMWの飛行機用エンジン VI
路上走行可能なタンク車
1905年式 ベンツ 18PS ダブル フェートン
BMW Z3