世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿の東インド更紗部屋

   


伯爵フォン・リヒテナウが
1796年にリヴォルノで生地を
入手した後、

壁紙をインド起源の更紗(さらさ)に
張り替えてから

「東インド更紗部屋」
と呼ばれるようになった一室。

壁と天井を覆う生地は
非常に繊細で見ごたえのある
模様をしています。

暖炉には当時のオリジナルの
生地が残っていますが、

壁と天井を覆う生地については
2009年から2010年にかけて
新しく張り替えられました。

この部屋を一番最初に使用したのは
フリードリヒ・ヴィルヘルム2世ですが、

壁紙が樹木柄で、室内にいながら
まるで庭にいるかのような感覚に

浸ることができると
当時は評判があったため、

さらに本格的にするために
この部屋で本物の鳥が
飼われたそうです。

しかし、ルイーズ女王は
これが気に入らなかったのか、

後に、鳥かごと止まり木を
撤去してしまいました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ジョヴァンニ・バッティスタ・クレスピ作の「キリストの洗礼」
BMW 700
ドイツの線路の建設
ダイムラーの機関車
ヴュルツブルクのマリエンカペレ

ヴュルツブルクのマルクト広場に 面する形で建っているのは 「マリエンカペレ」 と …

マールブルクのマリエン教会

マールブルクの丘の上に建つ マリエン教会。 坂を登ってくるのが大変なためか 教会 …

ポルシェ 962 ダウアー ル・マン GT
アウグスト・マッケ作の「2人の女性」
フランクフルトのレストラン Schwarzer Stern(シュバルツァー シュテルン)
ルドウィック・クリスチャン・ワグナー作のシュヴァンハイムのオークの木