世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿の礼拝堂

   


新しいプロイセン君主国の
宗教的権力に対する考えを

反映してデザインされた
宮殿の礼拝堂。

祭壇の上には王冠が
取り付けられており、

主権者と教会が
密接な関係にあった事が
うかがえます。

壁のレリーフには
旧約聖書と新約聖書の
シーンが描かれています。

礼拝堂のオルガンは、
有名な製作者である

アルプ・シュニットガーが
1706年に造ったものですが、

残念ながら第二次世界大戦で
破壊されてしまったため、

戦後、
カール・シュッケ・ベルリン・オルガン製作所
が復元しました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

1962年式 メルセデスベンツ 300SL ロードスター
ミュンヘンを流れるイーザル川

ミュンヘンの街には中心部の 少し外れに川が流れていますが この川は オーストリア …

ハイデルベルク城のケーブルカー

ハイデルベルク城への道のりですが、 ふもとから徒歩でも行くことが可能。 しかし …

シボレー スコア バンディット
ダイムラーの商用車

今日ではバンとも呼ばれる 商用車。 現代の日本では、 ハイエース等が有名ですが、 …

アシャッフェンブルクのポンペイアヌム
1937年式 メルセデスベンツ 320 救急車

ガソリンエンジンの救急車が 1920年代に民間用として 導入されて以来、 多くの …

ロールス・ロイス エイヴォン
ギーセンの福音教会 Johanneskirche

高さ72メートルもの尖塔が 印象的な福音教会。 その高さゆえにギーセンの町の 至 …

ミュンヘンのバイエルン州立歌劇場

コリント様式の柱が採用された ギリシャ神殿風の建物ですが ここは、オペラの公演が …