世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿の謁見の間

   


王様が重要なゲストを
向かい入れるための
謁見の間。

・肘掛け付きの椅子
・肘掛けなしの椅子
・立ち席

の席がありましたが、

どこに案内されるかは
招待客のランクによって
分けられました。

部屋の壁は、大理石と
タペストリーで
装飾されています。

当時、これらは絵画よりも
かなりの価値がありましたが、

この事は、謁見の間が
数ある宮殿の部屋の中でも

重要な場所であった事を
示しています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

BMW 507 プレスリー

ドイツのメーカーであるBMWが、 1956年から1959年まで製造した スポーツ …

1900年式 ベンツ 14HP レーシングカー

自動車が誕生したての頃、 エンジンの冷却というのは 大きな問題の一つでした。 こ …

ローテンブルク最古の城壁部のヴァイサー塔

城壁で囲まれた町ローテンブルクには 現在も、城壁や見張り塔が残っていますが 写真 …

1938年式 メルセデスベンツ W154 3リッター レーシングカー

W154は、レギュレーションに 適合するようにデザインされた 3リッターのフォー …

自動車ごときが馬に勝てるはずがない

ドイツのシュトゥットガルトにある メルセデス・ベンツ博物館は、 チケットを買った …

シャルロッテンブルク宮殿の勉強部屋

戦争によって全焼してしまい 1982年に修復工事が終わった 勉強部屋。 再建の際 …

クライスラー ニューヨーク デラックス コンバーチブル

製造年:1954年 パワー:235PS 排気量:5400cc エンジン:V8 ク …

ベルリンのテレビ塔

遠くからでも目立つ 高さ368mのテレビ塔。 203mの部分には展望台があり さ …

ポルシェ904 カレラ GTS

製造年:1964年 エンジン:水平8気筒 排気量:1966cc パワー:240P …

プロイセンの機関車 T18 78 510

製造年:1924年 製造者:バルカン 最高速:100km/h 全 長:14800 …