世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿の謁見の間

   


王様が重要なゲストを
向かい入れるための
謁見の間。

・肘掛け付きの椅子
・肘掛けなしの椅子
・立ち席

の席がありましたが、

どこに案内されるかは
招待客のランクによって
分けられました。

部屋の壁は、大理石と
タペストリーで
装飾されています。

当時、これらは絵画よりも
かなりの価値がありましたが、

この事は、謁見の間が
数ある宮殿の部屋の中でも

重要な場所であった事を
示しています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ノイシュバンシュタイン城

ドイツのロマンチック街道の終点として、 人気の高い観光スポットの ノイシュヴァン …

ポルシェ ケイマン ハイブリッド プロトタイプ
ヴュルツブルクのマルクト広場

ヨーロッパの旧市街には マーケットが開かれたり 中世の頃は公開処刑なども 行われ …

2005年式 メルセデスベンツ エコニック 2628 NGT ごみ収集車仕様

1998年に登場した メルセデスベンツの エコニックは、 都市部での使用を考えて …

ケルンのマルクト広場

ケルンの市庁舎前の マルクト広場。 ケルンのみならず ヨーロッパの旧市街には 広 …

路上走行可能なタンク車

鉄道車両をレールの 外に持ち出し 路上で輸送できるようにした 路上走行車の 1/ …

ミュンヘンのBMW博物館
カール・テオドール橋の猿の像の横にいる「ねずみ」

昨日の記事で紹介したサルの像の 隣には、小さなネズミの像もあります。 これに関し …

1979年式 メルセデスベンツ O 303 ツーリングコーチ
BMW R NINE T