世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

シャルロッテンブルク宮殿の謁見の間

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

王様が重要なゲストを
向かい入れるための
謁見の間。

・肘掛け付きの椅子
・肘掛けなしの椅子
・立ち席

の席がありましたが、

どこに案内されるかは
招待客のランクによって
分けられました。

部屋の壁は、大理石と
タペストリーで
装飾されています。

当時、これらは絵画よりも
かなりの価値がありましたが、

この事は、謁見の間が
数ある宮殿の部屋の中でも

重要な場所であった事を
示しています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ハイデルベルク城のケーブルカー

ハイデルベルク城への道のりですが、 ふもとから徒歩でも行くことが可能。 しかし …

BMW 502
ミュンヘンのBMWヴェルト

BMWといえばドイツの自動車メーカーですが 写真左側のシリンダー型の建物は、 ミ …

シャルロッテンブルク宮殿の書き物の部屋

ゾフィー・シャルロッテの時代、 この書き物の部屋の壁は シノワズリ風の (ヨーロ …

ベルリンのテレビ塔
フランクフルトのモダンアート美術館

特徴的な外観のこの建物。 建物自体がアートしていますが こちらは モダンアート美 …

BMWのエンジン M10
ミュンヘンの将軍堂
クローンベルクの映画館

日本の大きな建物に入った 座席数の多い映画館に 慣れていると、 いまいちピンとき …

ツヴィンガー宮殿の陶磁器コレクション

ツヴィンガー宮殿内には、 3つの博物館がありますが ここは陶磁器コレクション館に …