世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

シャルロッテンブルク宮殿の謁見の小間

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

シャルロッテが亡くなった後
フレデリック1世は、

彼女が謁見の間として
使用していた部屋を

宮殿の拡張工事の際に
改装をして

謁見の小間として
使いました。

1740年になると
彼の孫である
フレデリックは、

豪華な家具とタペストリーを
謁見の小間に設置します。

しかし、第二次世界大戦で
この部屋も大きなダメージを
受けてしまいました。

戦後、すぐに修復工事が
開始しましたが、

修復は1970年まで
かかりました。

この部屋の印象的な
部分である

左側の陶磁器が置かれた
暖炉に関しては、

1990年なってから
復元されました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ニュルンベルクの聖ローレンツ教会
ダイムラーのエンジンを搭載した1888年製の航空機

ダイムラーが開発した エンジンは ・陸の自動車 ・水上の船 で、通用する事が分か …

ポルシェ 908/03 スパイダー
BMW R NINE T
ローテンブルクのティルマン・リーメンシュナイダーホテル
バンベルクの聖マーティン教会
シャルロッテンブルク宮殿の寝室

ベッドが設置されている こちらの寝室ですが、 この部屋は睡眠をとる 目的では使用 …

マインツの古代ローマ劇場跡

駅のホームから見える場所にある マインツの古代ローマ劇場跡。 ちなみに駅名は、 …

シャルロッテンブルク宮殿のタペストリーの間

ルイ15世から贈られた タペストリーが 壁に掛けられている 第一のタペストリーの …

デュッセルドルフのヨハネス教会

デュッセルドルフの町で 一番印象的な建物だったのが このヨハネス教会。 周りが近 …