世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿の謁見の小間

   


シャルロッテが亡くなった後
フレデリック1世は、

彼女が謁見の間として
使用していた部屋を

宮殿の拡張工事の際に
改装をして

謁見の小間として
使いました。

1740年になると
彼の孫である
フレデリックは、

豪華な家具とタペストリーを
謁見の小間に設置します。

しかし、第二次世界大戦で
この部屋も大きなダメージを
受けてしまいました。

戦後、すぐに修復工事が
開始しましたが、

修復は1970年まで
かかりました。

この部屋の印象的な
部分である

左側の陶磁器が置かれた
暖炉に関しては、

1990年なってから
復元されました。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

III号突撃砲
アシャッフェンブルクのカプチーナ教会
シャルロッテンブルク宮殿の小部屋

他の部屋と比較をすると 非常に狭い宮殿の小部屋。 ここが何のために 造られた部屋 …

ハイデルベルク城のエリザベス門

ハイデルベルク城はハイデルベルク市の 象徴的な建造物であるのはもちろん ドイツ国 …

シャルロッテンブルク宮殿の中国ギャラリー

最初はチャイノイズギャラリーと 呼ばれていた展示室。 1742年からフレデリック …

1908年式 メルセデス 75PS ダブル フェートン
1994年式 メルセデスベンツ 500I インディカー用エンジン
1979年式 メルセデスベンツ L409 クルーキャブ付きピックアップ
ハンブルクのレストラン「オールド・コマーシアル・ルーム」

ドイツのハンブルクにある 1795年に創業した老舗レストランの オールド・コマー …

バイエルン機関車 B IX の鉄道模型