世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

シャルロッテンブルク宮殿の控えの間

   


シャルロッテンの時代、
この部屋は彼女の部屋の
隣にある謁見室の、

さらに隣にある前室として
使用されました。

1705年にシャルロッテンが亡くなり
宮殿の西側の拡張工事が
始まってからは、

フレデリックの謁見室へ
つながる控室として
使われるようになります。

この控えの間ですが、
当時は白く塗装された

木製の羽目板が壁に
取りつけられていました。

また、金色の天井は
装飾用のアカンサス、

月桂樹、果物の縁取りで
飾られていました。

さらに楕円形の天井画には
ローマ神話の神々、

ヴィーナスとアポロが
描かれていて、

部屋の壁に関しては、
44枚の肖像画で
覆われていました。

1740年にフレデリックが
王位に就任した直後、

タペストリーが
取りつけられました。

1943年になると
第二次世界大戦の爆撃で

この部屋は大きな
被害を受けてしまい、

修復は1963年まで
かかりました。

しかし、かつて存在した
楕円形の天井画と、

壁に取りつけられた
44枚の肖像画までは
復元できなかったそうです。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

  関連記事

ヴュルツブルクのアウグスティーナ教会

この教会はヴュルツブルクの シェーンボルン通りにある 「アウグスティーナ教会」 …

アシャッフェンブルクのホテル Zum Goldenen Ochsen(ツム ゴールデネン オクセン)
ポルシェ ボクスター スパイダー
シャルロッテンブルク宮殿の銀の部屋

この部屋は、壁一面に銀製の オーナメントの装飾が施された 木製パネルが取りつけら …

ポルシェ 995 スタディ
1939年式 メルセデスベンツ 320 ストリームラインド セダン

自動車の進化と共に 道路も進化し ドイツでは有名な アウトバーンも 作られました …

ハイデルベルクの哲学者の道を歩く

よく旅行会社のパンフレットや 旅行のガイドブックに載っている ハイデルベルクの写 …

ミュンヘンのドイツ博物館 その2

こちらは、ミュンヘンの ドイツ博物館の航空機コーナー。 古いプロペラ機などが展示 …

ヨーロッパといえば石畳

ヨーロッパといえば石畳 石畳といえばヨーロッパ アルファルトの平らな道を 作る技 …

ポルシェ 911 カレラ 4S クーペ