世界遺産巡り 海外旅行写真集

約30ヵ国を旅して撮影してきた写真を配信しています! 毎日更新!! since 2007/10/20

*

電気機関車 EP5(E 52)

   

[`yahoo` not found]
LINEで送る
[`evernote` not found]

製造年:1925年
最高速:90km/h
全 長:17210mm
パワー:2991馬力
重 量:140t

EP5は、ドイツ国営鉄道の
バイエルン路線において、

特別なステータスを持った
列車の一例です。

1921年から、バイエルン
の鉄道グループは、

大型旅客列車サービスを
提供するために

電気機関車の再設計に
取り掛かりました。

なぜかというと
従来の機関車では、

電気化されたバイエルンの路線や
山岳路線での狭いカーブの続く

路線を走行するのが
難しかったからです。

新しく設計された列車は
カラーリングにおいても
特別扱いされて

定番カラーである緑色でなく
茶色に塗られました。

また、車両重量は140tと
重量級なため、

両端に重量配分を改善するための
装置が取りつけられていました。

手間暇かけて投入されたEP5は、
愛情を込めて、鉄道会社から

「ジャンボ」
と呼ばれるようになります。

展示車両のEP5ですが、
1925年10月22日から
運行が開始しました。

会社の記録では
1968年までの間に

170万キロメートルを
走行したとされています。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

1927年式 メルセデスベンツ 12/55 PS プルマン リムジン
ハイデルベルク城のテラス(アルタン)

ハイデルベルク城のビュースポットとも 言える場所が、 「選皇侯のバルコニー」 と …

フランクフルトの1ユーロショップ

フランクフルトの中央駅を 正面の出入口から出ると、 目の前にカイザー通りという …

ローテンブルクのレストラン「ローテンブルガー・カルトフェルシュトゥーベ」

ローテンブルクにある このレストラン。 マーヴェリックの記憶が確かなら 8年前に …

ポルシェミュージアムに展示されていた飛行機用エンジン
シャルロッテンブルク宮殿の寝室

ベッドは現存していませんが、 フレデリックが寝室として 使用していた宮殿北側の部 …

1912年式 ベンツ FX エアロ エンジン

このFXエンジンは ベンツ&シー社 (ベンツ&シー・ライニッシェ・ガスモトーレン …

フランクフルトのメルキュールホテル

フランクフルト中央駅から、 徒歩5分以内のメルキュールホテル。 メルキュールホテ …

城壁で囲まれた町、ニュルンベルク

ヨーロッパを旅すると 城壁で囲まれてる町を 多く見かけます。 ここドイツの ニュ …

ライン川とモーゼル川の合流点ドイチェス・エック

左側がモーゼル川 右側がライン川 この二つの川が合流する地点に 突き出た三角の先 …