世界遺産巡り 海外旅行写真集

見れば見るほど、あなたの世界観が激変する写真が盛りだくさん!

*

貨物列車 GM 15026 アルトナ

   


製造年:1915年
最高速:65km/h
全 長:9600mm
重 量:11.3t
重 量:15t


1890年頃ともなると、
ドイツの鉄道会社は

43万両以上の列車を
所有していました。

また、国鉄と私鉄が
それぞれの施設を

共有する事で合意が
あるなど、

鉄道の発展の勢いは
留まる事を知りませんでした。

しかし、列車のデザインに
関しては、規格がバラバラで、

国鉄と私鉄で大きな
違いがあったため、

車両を共有する事は
困難でした。

そのため、1909年に
ドイツ国営鉄道は
州運送協会を設立。

協会の目的は
車両の共同使用を
容易にするために

バラバラの規格だった
車両を標準化することでした。

その後、この目標を
達成するために、

1910年から一般的な
デザインの列車11台が

標準規格で
一新されました。

新しい構成の規格は
A1からA11で定義される
事となります。

新デザインの車両は
地方の鉄道の

主にプロイセンのものが
モデルに選ばれました。

展示車両の貨物列車は、
A2規格に従って製造された
車両になります。

1910年から生産が開始し
トータルで12万両も造られた
最も普及した貨物列車です。

この車両はレールや車輪の
摩耗を減らすのに役立った

カーブの際に使用する
ステアリング機構が

搭載されているのが
一番の特徴です。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

    None Found

 - ドイツ

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

リューデスハイムのワイン博物館

ライン川沿いにある リューデスハイムの ワイン博物館。 古代から現代まで2000 …

プファルツ城

フランクフルトから ケルン方面へ北上する列車は 新ルート 旧ルート と2パターン …

暗号スライダー

1930年頃にフランスで 製造されたこの道具ですが、 「暗号スライダー」 と呼ば …

ニュルンベルクの地下酒場「ナッサウアー・ケラー」

聖ローレンツ教会の向かいにある この建物ですが、よ~く見ると壁に 「日時計」 が …

フランクフルトのアルテ・オペラ

フランクフルトの都市部を歩いていると 町の一角にルネッサンス風の建物が 見えてき …

ポルシェ909 ベルグスパイダー
クローンベルクのカトリック教会

フランクフルト近郊の クローンベルクにある カトリック教会。 遠くからでも見える …

BMW 507 プレスリー
ケルンにあるリモワの本店

リモワのスーツケースは、日本はもちろん 世界中で販売されている有名ブランド。 空 …

ベルリンの新博物館

ベルリンの新博物館は 戦争で破壊されてしまい 再建されたのが2009年と 最近の …