世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

ホンダ HONDA NSR500

   


1984年の世界選手権に参戦した
スペンサー用にホンダが開発した
NSRの初代車。

第2戦イタリアGPで優勝した
マシンになります。

このバイクは、本来であれば
燃料タンクがある位置に、

排気管を配置するなど、
斬新な構造をしているバイク。

では、燃料タンクは
どこへ行ったの?
という話ですが、

エンジンの下に
マウントされています。

これは、重たい燃料タンクを
車体下部に配置する事で
重心を下げて、

燃料の減少による操縦性の
変化を抑えようといった
狙いがありました。

125ccクラスの
公道スクーターですら

ガソリンが満タンの時と
空に近い時で、

動きに違いが出るのが
バイクの世界。

GPマシンともなれば、
燃料の重さによる違いは
さらに大きくなります。

では、実際にエンジン下に
燃料タンクを配置した

初代NSR500の実績は
どうだったかというと、

操作性に関しては
燃料の減ったレース後半、

フロントの負荷が減り
リヤの負荷が増えるといった

前後バランスの変化が物凄く、
制御不能で転倒につながったり、

・整備性が非常に悪い!
・排気チャンバーが吸気を熱してしまい、熱害が発生。
・プラグ被りが多く、本来のパワーが出ない!!

などなど、デメリットの方が
多かったため、

あっという間に廃止された
デザインとなりました。

現在では、排気マフラーや
チャンバーは、エンジンの下を
通っているのが普通ですが、

そのような構造になっているのは、
きちんと理由があるのが
分かる一件と言えます。


エンジン:水冷2サイクル V型4気筒
     ケースリードバルブ
排気量 :499cc
最高出力:140馬力以上
プレスバックボーンダイヤモンドフレーム
プロリンクリアサスペンション


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - 日本

スポンサード リンク

  関連記事

京都の永観堂幼稚園

哲学の道の近くにある 永観堂幼稚園。 門からして普通の幼稚園とは 一線を画すよう …

奈良の勝手神社

立入禁止のため 入場できませんでしたが、 こちらは吉野山にある勝手神社。 境内に …

クーパー T53 クライマックス
奈良の氷室神社
ホンダ F1 HONDA RA271
清水寺の音羽の滝

清水寺には音羽の滝と呼ばれる 3筋の水が流れている場所があります。 もともとは清 …

京都の建長寺

京都にしては珍しい 弁財天を本尊とする長建寺。 長建寺の弁財天は、 室町時代に琵 …

京都の叶匠寿庵京都茶室棟

哲学の道沿いにある 叶匠寿庵京都茶室棟。 緑のトンネルに囲まれた心地よい空間です …

奈良の春日神社

古い町並みが残る 今井町にある春日神社。 創建年は不明となっていますが 江戸時代 …

B・A・R HONDA 006