世界遺産巡り 海外旅行写真集

見たことのない景色を見にいこう!

*

フェラーリ Ferrari 250 LWB カリフォルニア

   


フェラーリの250シリーズは
1953年から1964年にかけて
製造されたモデルになります。

V12の2953ccエンジンを搭載し
250馬力 7000rpmを発揮。

最高速度は240kmを
記録しました。

250は、元々レーシングカーとして
生まれたものの

後に公道モデルも
生産されるようになりました。

この公道仕様がやっかいというか
種類が多すぎて非常に分かりにくい。

書籍やネットでは、以下のような
モデルが見つかりますが

250 ヨーロッパGT
250 GTE
250G ベルリネッタSWB
250GT ベルリネッタ ツール・ド・フランス
250GT カブリオレ ピニンファリーナ シリーズI
250GT スパイダー カリフォルニアLWB
250GT クーペ ピニンファリーナ
250GT カブリオレ ピニンファリーナ シリーズII
250GT スパイダー カリフォルニアSWB
250GT ルッソ

ブリュッセルのオートワールドに
展示されていた車種は

1958年から1963年のモデルとされる
250 LWB カリフォルニア
というタイプになります。

おそらく、少し表記が違うだけで
日本のサイトで説明される

250GT スパイダーカリフォルニアLWB
と同じだと思われます。

他との大きな違いとして
博物館のカリフォルニアには
ホロが付いていましたが、

オープンカー仕様になって
いるのが特徴の一つです。

この250系のフェラーリですが
車種や状態によるものの

オークションで数十億円の
値が付く事が、ほぼ確実の
超希少車として有名。

まさに博物館級の
一台と言えます。


▼アクセス

あわせて読みたい関連記事

 - ベルギー

スポンサード リンク

  関連記事

ブリュッセルのサントカトリーヌ教会

サントカトリーヌ広場に 面する形で建っている サントカトリーヌ教会。 15世紀に …

アドリアーン・ファン・ユトレヒトの油彩画

木製のバスケットに 溢れんばかりの野菜が 入った様子が描かれている アドリアーン …

ブルージュの日本料理レストラン「たぬき」

ブルージュの町を 散策していたら 見つけた日本語。 「日本料理 たぬき」 と書か …

ロレーヌ・ディートリッヒのタイプFHF4 トーピード

フランスの自動車メーカーである ロレーヌ・ディートリッヒが 1911年に生産した …

アントワープのステーン城

エスコー川沿いに建つ 修復中のステーン城。 この建物は、10世紀から16世紀まで …

ヤン・ブリューゲルの油彩画「歌手」

ヤン・ブリューゲル(1568-1625) 「Singerie」 人の服を着た猿が …

ヤン・ブリューゲルの油彩画

ヤン・ブリューゲルは ルーベンスと同様に、 アントワープで著名な 画家の一人でし …

アドリアーン・ブラウエルの油彩画

driaen Brouwer(1605/06-1638) Peasant Dri …

アントワープの肉屋のギルドハウス

1503年に肉屋の ギルドハウスとして 建てられた 後期ゴシック様式の 建物にな …

ウィルヘルム・シューベルト・バン・エーレンバーグが描いたセントチャールズボロメオ教会の内装

その豪華な内装が理由なのか セントチャールズボロメオ教会は、 当時の人々にとって …